昨今、ビジネススタイルのカジュアル化が広まっていることもあり、「重要な会議の予定がある日以外は、基本ノーネクタイで過ごす」なんて人も増えてきました。

すれば普段のシャツ選びも自然と、ノーネクタイスタイル(=第一ボタンを外す着こなし)でも、格好よく見えるシャツを選びたくなるものですよね。

引用元:rakuten.co.jp(g-stage)
ネイビー&ホワイトでまとめた爽やかなコーディネートです。えりがしっかり広がるカッタウェイなので、首元をスッキリ見せつつ、華やかさをUP!!

そこで今回は、ノーネクタイスタイルと相性◎な「カッタウェイシャツ」を紹介したいと思います。

「色々なシャツの種類があって、もう何が何やら……」
「仕事以外でも着られる?」
「おすすめブランドとかある……?」

そんな風に、これまでカッタウェイシャツに馴染みが無かったけれど「ちょっと興味がある…」という皆さまのお手伝いが出来れば、幸いです。

カッタウェイとは?

では初めにカッタウェイの基本知識からおさえていきましょう。

羽根が180°開いている襟(えり)のこと

「カッタウェイ」とは、ワイシャツの襟(えり)の種類の1つ。

ワイシャツは襟(えり)の開く角度によって、様々な種類に分類されていますが、その中でも、襟が約180°開いている種類をカッタウェイと呼びます

引用元:shirt.co.jp(Maker’s Shirt KAMAKURA)
写真の通り、カッタウェイシャツは、襟(えり)が約180°開いているのが大きな特徴です。

ノーネクタイでも、首回りがスッキリ見える

カッタウェイには、襟(えり)の角度が広いだけでなく、「襟自体が小さい」という特徴もあります

襟が小さい=生地の量が少ないから襟自体が軽いのです。そのため、第一ボタンを外したときも襟の自重で潰れにくく、スッキリした首回りをキープしてくれる特徴があります。

引用元:wear.jp(miura氏の投稿)
ビジネスでもカジュアルでも、ノータイスタイルの基本は第一ボタンを外すこと。元々開きの大きいカッタウェイがスタイリッシュにキマります。

昨今のワイシャツはどれも作りがしっかりしているため、カッタウェイシャツでないからといって、必ずしも襟が″くしゃ”と潰れるワケではありません。
ありせんが、襟が小さい&襟が大きく開いているカッタウェイのスタイリッシュさと比べると、「やっぱ、カッタウェイいいよな」という風に軍配が上がることでしょう。

ホリゾンタルと呼ばれることもある

ほぼ水平に開く襟のデザインを“水平線”に見立てることで、ホリゾンタル(英:水平)と呼ばれることもあります

また、店舗やブランドによっては、カッタウェイとホリゾンタルを使い分けていることもあるそうです。
その場合は、カッタウェイより更に襟が開いているホリゾンタルとして紹介されているようですね。

オンでもオフでも、幅広いシーンで活躍

次は、様々なシチュエーションにおけるカッタウェイの着こなしや特徴を解説していきます。

ビジネスシーン

まずはビジネスシーンでの着用スタイルを見ていきましょう。

基本はノーネクタイスタイル

ビジネスシーンにおけるカッタウェイは基本、ノーネクタイスタイルで着用します。

外して空けるボタンの数は1つまで。
ビジネスシーンでは、第二ボタン以降を外してはいけません。肌を見せすぎでNGだからです。

引用元:wear.jp(ヤモリン氏の投稿)
ノーネクタイのビジネススタイルと相性◎なカッタウェイ。ノータイに合わせて、腕まくりをするのも格好いいですよ。ちなみに、腕まくりは肘(ひじ)を見せないトコで止めるのがコツ。まくった袖と腕にスキマが無いことで、腕が相対的に太く見えるのです。
クールビズで特に大活躍

ノーネクタイスタイルとの相性がいいカッタウェイは、クールビズでも大活躍。

長袖だけでなく、半袖のカッタウェイも流通するので、時期になったら探してみて下さいね。

ネクタイを合わせたい時は、太幅タイプ

カッタウェイシャツでネクタイを締めるときは、太幅タイプのネクタイを選びましょう。

引用元:shirt.co.jp(Maker’s Shirt KAMAKURA)
カッタウェイにネクタイを合わせるときは「太幅ネクタイ」を「ウィンザーノット系」の結び方で。どちらか一方でも欠けると、ネクタイが細く見え過ぎてバランスが崩れてしまうのです。

これはカッタウェイがノーネクタイスタイルと相性がいい、ということに加えて、カッタウェイがトレンドの細幅ネクタイと相性が悪いという背景も関係しています。

カッタウェイは襟(えり)の開きが拾いため、ある程度幅のあるネクタイを結ばないとバランスがとれないんですね。

結び方は、ウィンザーノット系がオススメ

カッタウェイにネクタイを結ぶときは、ノット(結び目)が横に広くなる「ウィンザーノット」がオススメです。

Youtubeチャンネルの方で、『紳士のシャツ』スタッフが結び方を実演しておりますので、よろしければ参考にしてみてくださいね。

こちら(↑)当サイトの公式チャンネルなので、チャンネル登録して頂けると嬉しいです![^_^]

カジュアルシーン

カッタウェイシャツは、カジュアルシーンでのアイテムとしても活躍してくれます。

襟の開きが大きいだけで、ドレスシャツ。コーディネートアイテムとしては、ドレス感が高い1枚なのです。

引用元:rakuten.co.jp(g-stage)
カジュアルシーンでは複数のボタンを外して、色気あるスタイルで着こなすのも可。イタリアンカラーのように、えりの開きが優雅になりますね。

結婚式の二次会やパーティ

カッタウェイは、クラシックな襟(えり)型から派生して生まれた背景があるため「正装に相応しいドレスシャツ」ではありません。

微妙に、クラシックから外れているんですね。

ただ、この微妙に外れていることが、肩の力を抜きたいけどキチッとした格好が求められるシチュエーションで、大活躍なのです。

【NG】冠婚葬祭

1つ前で紹介したように、カッタウェイは、クラシックから少し外れた立ち位置にいるため、冠婚葬祭には不向き。

カッタウェイ単体で見れば、そこまでカジュアルに感じないかもしれないですが、多くの人がクラシックな襟型で並ぶ中にカッタウェイで参列すると、間違いなく浮いてしまうでしょう。気を付けて下さいね。

おすすめのカッタウェイシャツ7選

では、カッタウェイの基本知識をおさえた所で、おすすめのカッタウェイシャツを紹介します。
実際に商品を選ぶときの参考にしてくださいね。

※掲載している価格などの情報は、2020年9月18日時点でのものとなります

少しカジュアルテイストな、裏柄カッタウェイシャツ

参考価格:1,320円(税込み)
引用元:rakuten.co.jp

1枚2,000円以下で購入できるカッタウェイシャツです。

台襟(身頃と襟の間の生地)やカフス裏に柄生地を仕込んでいるタイプなので、シャツ一枚でも地味になりません。

シャツスタイルでもちょっとお洒落な装いをしてみたいときにピッタリな1枚です。

シャツ生地の組成 綿 25%、ポリエステル75%
胸ポケットの有無 あり
カフスの種類 スクエア角落とし(アジャスタブル)
その他の特徴 形態安定加工
楽天市場で
詳細を見る
1,320円

オール“イタリア”メイドなカッタウェイ

参考価格:10,780円(税込み)
引用元:rakuten.co.jp(g-stage)

オール“イタリア”メイドにこだわった、カッタウェイシャツです。

第二、第三ボタンを外して着用したとき、イタリアンカラーのように、襟の開きが綺麗にカーブするよう調整されています。

日本だと気候的に、シャツを素肌の上に直接着用するのは難しいのですが、肌にふれてもストレスが少ない生地を採用。

イタリアの色気ある雰囲気にあこがれがある方は、是非お試しくださいませ。

シャツ生地の組成 綿 97%、ポリウレタン 3%
胸ポケットの有無 なし
カフスの種類 ラウンド(シングルボタン)
楽天市場で
詳細を見る
10,780円

公式通販サイトで
詳細を見る
10,780円

百貨店の1万円超クオリティを7,000円代で

参考価格:6,490円(税込み)
引用元:shirt.co.jp(Maker’s Shirt KAMAKURA)

「鎌倉シャツ」で御馴染みのシャツブランド『メイカーズ鎌倉シャツ』のカッタウェイシャツです。

企画から生産まですべて自社生産で賄うことで余計なコストを全てカット。
百貨店に並ぶ1万円越えのシャツクオリティにこの価格で戦える秘密がココにあります。

お値段以上とはまさにこのことなので、こだわりの日本製シャツをお探しのときには是非。

シャツ生地の組成 綿 100%
胸ポケットの有無 なし
カフスの種類 ?(シングル)
その他の特徴 見た目と耐久性に優れる「巻き伏せ本縫い」採用
公式通販サイトで
詳細を見る
6,490円

ベーシックなホワイトシャツをお手軽価格で

参考価格:1,540円(税込み)
引用元:rakuten.co.jp

特別な装飾がない、THE・シンプルなお手軽価格のワイシャツです。

クオリティやブランドにこだわりがなく、「とりあえずカッタウェイシャツが欲しい」ときにピッタリの選択肢といえます。

オールホワイトではありますが、ツイル(紗門)柄の生地を採用しているため、遠目と近めで雰囲気が変わる、面白いシャツでもあります。

シャツ生地の組成 綿 35%、ポリエステル 65%
胸ポケットの有無 あり
カフスの種類 ラウンド(アジャスタブル)
その他の特徴 形態安定加工
楽天市場で
詳細を見る
1,540円

ちょっとお洒落にキメたいときのギンガムチェック

参考価格:4,290円(税込み)
引用元:orihica.com(ORIHICA.)

柄物のカッタウェイをお探しの人にオススメしたいのが、こちらギンガムチェックです。
柄シャツではあるのですが、柄が細かいため、ビジネスシーンでも安心して着用できる、ドレス感があります。

写真だと分かりにくいのですが胸ポケットもしっかり完備。身頃の柄とポケットの柄がズレないよう丁寧に縫製されていますね(※ズレ具合は多少の個体差があると思います)。

シャツ生地の組成 綿 45%、ポリエステル 39%、複合繊維(ポリエステル)16%
胸ポケットの有無 あり
カフスの種類 ラウンド(アジャスタブル)
その他の特徴 ストレッチ性(SOLOTEX®)、形態安定、抗菌防臭
公式通販サイトで
詳細を見る
4,290円

生地やポケットの有無など、すべて自由自在のパターンオーダー

参考価格:11,000円から(税込み)
引用元:global-style.jp(Global Style.)

既存のシャツを購入するのもいいけれど、何度も袖を通すものだからディティールにはこだわりたい…ッ! そんな方にオススメしたいのが、『グローバルスタイル』のオーダーシャツです。

銀座や六本木の店舗にまで足を運ぶ必要はありますが、そこでプロとのコミュニケーションを通して、自分の求める理想のワイシャツを仕立てることができます。

生地の種類は勿論、胸ポケットやカフスにいたるまで、とにかく多種多様。
1枚12,100円~。2枚8,250円からオーダー可です。

シャツ生地の組成 様々なバリエーションから選択
胸ポケットの有無 有無を選択(ありの場合12種の中から更に選択)
カフスの種類 全14種から選択
公式サイトで
詳細を見る
11,000円から

五輪競技ウェアの“動きやすさ・疲れにくさ”を搭載した、小紋柄カッタウェイシャツ

参考価格:18,500円(税込み)
引用元:itohari.jp(ニットシャツ専門店ITOHARI)

墨田区のニット専業工場でシャツを1枚1枚仕立てている『丸和繊維工業』のニットシャツです。

人体研究から導き出された「動体裁断®」と呼ばれる技術を採用することで、着心地の良さは「もはや何も着ていない気さえする」ほど軽やかに。

今回紹介するのはそんな動体裁断®シリーズの小紋柄。
ドレス感を失わない大きさの柄を散りばめることで、とても小気味よい1枚にしあがっています。

シャツ生地の組成 綿 100%(フランネル生地)
胸ポケットの有無 あり
カフスの種類 ラウンド(シングル)
その他の特徴 動体裁断®、フランネルシャツ、小紋柄
公式通販サイトで
詳細を見る
18,500円

あとがき

以上、カッタウェイシャツの基本知識とオススメブランドを紹介しました。
参考になりましたでしょうか?

襟(えり)型の違いは、知識がなくても意外と気付けるもの。

そのため、ノーネクタイスタイルに不向きなシャツ選んでしまうと「(良く分からないけど)何か、だらしない人だなぁ」なんて悪印象をもたれてしまうことも少なくありません。

タイドアップの必要が無い日は、カッタウェイシャツで首回りを楽にしつつ、それでいてキッチリした格好で過ごす。

そんなビジネスライフをお楽しみください!

『紳士のシャツ』編集部の玄木がお送りしました.

ではでは。