「ちょっと街ですれ違っただけなのに、足元の赤いハイカットスニーカーに釘付けになった。」
「普通の白いスニーカーだと思ったら、めっちゃ存在感があってカッコよかった」

そんな経験があったりしませんか?

幅広いコーディネートとの愛称がいい「スニーカー」。

その中でも「ハイカットスニーカー」は、足元1点で視線をかっさらうコーディネートの主役から、全体をまとめるクッション役までこなす、非常に便利なアイテムです。

引用元:wear.jp(とっきー氏の投稿)
落ち着いた色合いに整った上半身のレイヤーコーデから始まり、スリムな足元まで流れるようなAシルエットです。そして、足元でグッと映える赤の存在感。お見事です。

スタンダードに固めたコーデに合わせるだけでもサマになることから、初心者にもオススメ。
その一方で、ハイカットスニーカー単体をコレクションして愛でる愛好家もいる(=いわゆる“沼要素”がある)奥深いアイテムでもあります。

引用元:wear.jp(しゅんたろー氏の投稿)
ドレッシーな上半身にデニムとスニーカーを合わせたキレイ目コーデです。スリムなハイカットスニーカーなので、デニムのカジュアルさを差し引いたとしても、全的的にドレス感寄りに整っていますね。

今回の記事では、ハイカットスニーカーの魅力を紹介しつつ、選び方や人気モデルを紹介します。
「凄い気になるんだけど、何を買えばいいのか迷う」
「人気モデルや定番モデルって何があるのかな?」

そんな方のお手伝いができれば幸いです。

改めて、ハイカットスニーカーとは?

まず初めに「ハイカットスニーカー」の基本知識を、改めて確認しましょう。

ハイカットスニーカーとは、その名の通り、カット(足首)がハイ(高い)であるスニーカーのこと。
より厳密には、「履き口の高さ」がくるぶしを覆い隠す高さまであるスニーカーを、ハイカットスニーカーと呼びます

引用元:converse.co.jp(CONVERSE JAPAN CO.,LTD.)
ハイカットスニーカーの代名詞ともいえる、『コンバース』の「チャックテイラー」です。

ハイカットスニーカーは元々、バスケやテニスなどのスポーツシューズとして開発・愛用されてきたのですが、現在はファッションアイテムの1つとしても広く浸透しています。

ちなみに、くるぶしが完全に露出する、履き口の低いスニーカーは「ローカットスニーカー」と呼ばれ、くるぶしがギリギリ見えているものは「ミッドカットスニーカー」と呼ばれています。

ハイカットスニーカーの魅力

次に、ハイカットスニーカーの魅力を紹介していきます。

足首まで覆う一体感と安心感

ハイカットスニーカーは、その名の通り「履き口が高いスニーカー」のこと。

そのため、スニーカーを足に固定するための靴ひも(もしくはファスナー)も足首にかかる位置まで続いている物が多く、それらを締めたとき、ガッチリと足に固定されます。
この一体感・安心感は、ハイカットスニーカー特有のものと言っていいでしょう。

引用元:wear.jp(🌸kai🌸氏の投稿)
いわゆるストリート系に整えたコーデです。相対的に足がより細く見えるガウチョパンツとの相性も抜群です。

ちなみに、足首まで包み込む構造になっていることから「捻挫を予防してくれる」と思いきや、別段、そういった効果はないと言われています。

何と言っても、その存在感とインパクト

ハイカットスニーカーにも、肉厚でボリューミーなものから、薄手でスタイリッシュものまで様々なタイプが存在します。

しかし、どのハイカットスニーカーにも言えるのは、その存在感

引用元:nike.com(Nike, Inc.)
本来なら、そこまで目立つ色ではないはずのグレースニーカーも、この通り。浮き上がるかのようなアクセントが効いていますね。

ある程度はスニーカーの色やデザインに寄るところも大きいですが、それもやはり目にした時の面積が大きいハイカットスニーカーは、非常に存在感があります。

スニーカー単体で語る人も多い、アイテムとしての完結感

スニーカーも靴ですから、本来ならトップスやボトムスなど他のアイテムと組み合わせて初めて「似合ってる」「似合ってない」だから「いい靴」「イマイチな靴」という話になるはずのですが……単体でも存在感があるハイカットスニーカーは、スニーカー単体で語られることも少なくありません

引用元:wear.jp(MOYA/YouTube氏の投稿)
モノトーン系のアイテムで固めている……と思わせておいての、アウトソール側面に走るレッドライン。そして、アウトソールの赤いスウィッシュが実に粋です。

また、人によっては現金の価値が下がるインフレ期前に、スニーカーに「資産的な価値」を見出して購入する人もいるのだとか・・・

ハイカットスニーカーは「ボリューム感」と「ぱっと見の派手さ」の組み合わせで選ぼう

ハイカットスニーカーの基本知識や魅力をおさえたところで、次はハイカットスニーカーの選び方を解説していきます。

様々なブランドから販売されているハイカットスニーカーですが、選ぶときは

  • ボリューム感(シルエット)
  • ぱっと見の派手さ

2つの軸で選ぶのがオススメです。

厳密には、もっと多く細かい軸で分けられるのですが(全体の色数、切り返しの数、シルエット etc.)、今回は初心者向けに、2軸同士の組み合わせ=4タイプに分類して紹介していきます。

「スリム」×「シンプル」なハイカットスニーカー

ハイカットスニーカーの中では一番“コーデの良脇役”に向いているタイプです。

引用元:rakuten.co.jp(ABC-MART,INC.氏の投稿)

パッと見た時のインパクトも抑えられているため、「ハイカットスニーカー興味あるけど、レッドはちょっとハードル高い・・・」という人は、このタイプから選ぶのがオススメですよ。

引用元:wear.jp(ARu.氏の投稿)
シンプルでスリムなスニーカーだと足首の細さが残るため、ワイド系のパンツと合わせたとき、足首の細さに引っ張られて脚そのものもより細く見えてお得です。

「ボリューミー」×「シンプル」なハイカットスニーカー

『ナイキ』の「エアフォース1」を代表とした、ハイカットスニーカーのタイプです。

引用元:rakuten.co.jp(LOWTEX)

派手さがないため視線を集めない脇役かと思いきや、そのボリューム感でしっかりと主役級の存在感を演出してくれます。それでも派手さがないため、慣れない初心者でも気軽に挑戦できるタイプと言えますね。

引用元:wear.jp(hiroto kawagoe氏の投稿)
トップスでボリュームを出してボトムを絞るYシルエット。その足元に、ズドンとボリューミーなホワイトスニーカーを合わせて意表を突きつつ、しつこくならないバランスの取れたコーデです。

「スリム」×「派手」なハイカットスニーカー

スリムなシルエットだけど、色や装飾品などで視線を集めるハイカットスニーカーのタイプです。

引用元:converse.co.jp(CONVERSE JAPAN CO.,LTD.)

ハイカット&スリムシルエットなスニーカーといえば、「チェックテイラー」や「ジャックパーセル」を生産するブランド・『コンバース』が代表格。その中でもレッドやイエローといった、カジュアルなカラーバリエーションのハイカットスニーカーが、このタイプに所属しています。

引用元:wear.jp(タケウチ☆ボンバイエ氏の投稿)
Tシャツにブルーデニム、そしてスニーカーといったように、全体的にカジュアルに振ったコーデです。でも、目を引くレッドスニーカーが“シュッ”とスリムなので、カジュアル過ぎないとこでバランスを取っていますね。

「ボリューミー」×「派手」なハイカットスニーカー

ある意味、一番ハイカットスニーカーらしいともいえるタイプです。

引用元:amazon.co.jp(Amazon.com, Inc. or its affiliates)

とにかくボリューミーで見た目も派手。クッション性や汎発性など様々な機能を搭載できるので、最新技術盛り盛りのハイテクスニーカーが多く所属しています。ブランドでいうと『リーボック』などが得意としている領域ですね。

引用元:wear.jp(ゆう氏の投稿)
足元のボリューミーな赤がグッと目を引くコーディネートです。チラ見せしているTシャツとレッドスニーカーのホワイトが、イイ感じに重さを抜いていますね。

オススメの人気ハイカットスニーカー13選

ここからはオススメのハイカットスニーカー(一部、ギリギリミッドカットに分類されている商品もあります)をご紹介します。実際に購入するときの参考にしてみてくださいね。

※掲載している参考価格や各通販サイトでの販売価格は、2020年7月21日時点のものです。予めご了承くださいませ。

キャンバス素材を採り入れたスニーカーの代表的モデル

参考価格:6,380円(税込み)
言わずと知れた名ブランド『コンバース(CONVERSE)』のハイカットスニーカー「キャンバス・オールスター・ハイカット」です。
ハイカットスニーカーと言えば、この1足……にも関わらず、他に類を見ないほどスリムなシルエットを持つという「定番」と「異端」を兼ね備えた名作です。
値段もお手頃なので、最初にハイカットスニーカーにオススメですね。
楽天市場で
購入する
6,380円

一時代を築いた、ホワイトハイカットスニーカー

参考価格:14,080円(税込み)
世界的スポーツブランド『ナイキ(NIKE)』のハイカットスニーカー「AIR FORRCE 1 MID』です。
その潔いホワイト一色のデザインとネーミングのパワーで、一時代を築いた、伝説のホワイトスニーカーです。
普遍的な存在感と魅力にあふれるため、オールシーズンコーディネートに採り入れられる傑作です。

楽天市場で
購入する
14,080円

高級感あふれるキルティングがトレードマークの格安ハイカットスニーカー

参考価格:3,590円(税込み)
『ジェイキックス(JAYKICKS)』のハイカットスニーカーです。
側面にキルティング加工を施すことで、お手軽価格とは思えないほど肉厚でボリューミーな印象に仕上がっています。
ベロ(シュータン)も立ち上がりゃすいよう仕立てられており、低コストのままボリューム感を最大限引き出す工夫が施されていますね。

楽天市場で
購入する
3,590円

伝説のバスケットボールプレイヤーのシグネチャーモデル

参考価格:29,480円(税込み)
世界的スポーツブランド『ナイキ(NIKE)』のハイカットスニーカー「AIR JORDAN 1 MID』です。
1つ前で紹介したエアフォース1と並んで、ナイキの代名詞的な名作スニーカー。伝説のバスケットボール選手の名を冠したモデルとして有名。
白黒ベースに、ボルドーのアクセントが効いている非常にカッコイイモデルです。

楽天市場で
購入する
29,480円

ブランドの代表モデルを、純粋アップデート!

参考価格:7,700円(税込み)
スケートボードグッズメーカー『ヴァンズ(VANS)』のハイカットスニーカーです。
ヴァンズが誇る代表モデルの1つSK8-HIを純粋アップデートしたモデルになります。
摩擦に強いレザー素材を採用することで耐久性を。そして、ソールに軽量性に優れた材質を合わせることで軽やかな履き心地もUPしています。

楽天市場で
購入する
7,700円

カンガルーレザーを採用した、国産ハイカットスニーカー

参考価格:23,100円(税込み)
広島県府中市の老舗工場で創設されたブランド『スピングルムーブ(SPINGLE MOVE』のハイカットスニーカーです。
牛レザーの役2倍の耐久性と、しなやかさを備えるカンガルーレザーで仕立てられています。
バルカナイズ製法と呼ばれる、手間がかかる分、高い耐久性と屈曲性を実現できる製法を採用しているため、非常に足馴染みがいい履き心地に仕上がっています。

楽天市場で
購入する
23,100円

ビンテージ加工デニムの足元を任せたい、人気シリーズのハイカットエディション

参考価格:25,300円(税込み)
日本でも支持を集めるイタリアのブランド『ディーゼル(DIESEL)』の、ハイカットスニーカー「S-DVELOWS」です。

ジッパーをアクセントに迎えつつも、足の甲を包む部分(アッパー)は、すべて本革を採用した贅沢な一足。

少しカジュアルによせたデザインは、デニムとの相性◎ですよ。

web本店で
購入する
25,300円

空気で足と一体化する、ハイカット&ハイテクランニングシューズ

参考価格:14,080円(税込み)
『リーボック(REEBOK)』のハイカットスニーカーです。
リーボックの代名詞ともいえる、立体感溢れるデザインと、靴ひもがなくても、空気で足を固定できるポンチェンバーシステムを融合させたモデルです。
衝撃吸収にも優れているため、ハイカットであり、ハイテクでもある見事なランニングシューズに仕上がっています。

amazonで
購入する
14,080円

楽天市場で
購入する
14,080円

Yahooショッピングで
購入する
10,600円

皇室御用達のシューズメーカーが本気で作った、ハイカットスニーカー

参考価格:27,500円(税込み)
皇室御用達メーカーである『大塚製靴』の「クラシックハイカットスニーカー」です。
明治5年から日本人の足にフィットするノウハウが投入されていて、スマートなデザインからは想像できないほど快適な履き心地に仕上がっています。
天然皮革と合成皮革を組み合わせるタイプではなく、アッパー(足の甲を包む部分)全部が天然皮革なので月一程度の頻度で革靴クリームを塗ってあげてくださいね。

楽天市場で
購入する
27,500円

懐事情に優しい、初心者におすすめな格安ハイカットスニーカー

参考価格:1,990円(税込み)
『ペニーレイン(PENNY LANE)』のお手軽ハイカットスニーカーです。
税込み2,000円と非常にお手軽価格でありながら、ハイカットスニーカーらしいボリューム感のある一足です。
ソールが少々薄いため、見た目ほどの安心感(包まれ感)がないのは少々物足りない所ですが、値段を考えると満足度の高い完成度に仕上がっています。

楽天市場で
購入する
1,990円

煌びやかで、迷いのない抜群のインパクトを足元に。

参考価格:5,478円(税込み)
『ワイルドナイチャー(WILD NATURE)』のハイカットスニーカーです。
ブラックのエナメル素材の上に、メタリックな装飾をほどこすことで「突き抜けた攻め」を演出。
中途半端に着飾るぐらいならと、迷いなくインパクトを出したい方にオススメの一足です。

楽天市場で
購入する
5,478円

ワイルドなヴィンテージ加工が渋い、日本国内生産品。

参考価格:4,990円(税込み)
『エドウィン(EDWIN)』のハイカットスニーカーです。
分厚く存在感のありソールにはヴィンテージ加工が施してお有るため、履き始めから長年連れ添った相棒感が演出できます。
ソールのグリップ力も高く、履き口にも柔らかいクッション材を詰めるなどして、歩いている時の安定感や安心感を高める尽くしになっています。

楽天市場で
購入する
4,990円

落ち着いたデザインの裏側で、身長を7cm伸ばすシークレットシューズ

参考価格:9,878円(税込み)
ちょっと変わり種のハイカットスニーカーがこちら。
本格革靴でも定番のプレーントゥデザインを採用する裏側で、実は身長を7cmもプラスするシークレットシューズ。
ハイカットスニーカーのボリューム感だからこそともいえる「隠された機能」。もし興味があればお試しください。

楽天市場で
購入する
9,878円

「素材」と「機能性」についても、一応おさえておこう

さて、オススメの人気ハイカットスニーカーを紹介した後で、ひと段落。

本来なら「素材」と「機能性」もスニーカーを選ぶときの軸になるのですが、慣れない内はオススメただ、この2つは軸としてはあまり適していません。

「この赤くてボリューミーなハイカットスニーカーの、“他の素材or機能”あるかなー?」といった探し方だと、選択肢を一気に狭めてしまうためです。多分、これでは見つけられないです。

そのため、気に入ったモデルが見つかったとき、更にそのモデルを味わえるリテラシーを高めるために、ご紹介していきます。

風合いや手入れの手間に関わってくる「素材」

手入れの手間いらずの「合成皮革(フェイクレザー)」

繊維の上に合成樹脂を張ってつくる、人口の革素材・合成皮革。この後紹介する天然皮革と組み合わせてるモデルが多いですね。

型くずれしにくく、手入れの必要がほとんどないのが魅力。低コストなため、採用したハイテクスニーカーの価格を低く抑えられるのも嬉しいポイントです。

大人らしさと高級感がある「天然皮革(リアルレザー)」

通気性や柔軟性、そして大人らしい高級感を特徴の革素材です。革靴を想像してもらえれば伝わると思いますが、天然皮革特有の光沢は他の素材だとなかなかマネできません。

現実的には1つ前で紹介した合成皮革と組み合わせているモデルが多く、ポイントポイントで高級感を高めていく使われ方をしています。

サラっと涼し気で軽い。そして結構丈夫な「キャンバス」

トートバッグなどに採用されることが多い木綿or麻生地です。見た目どおりの通気性と、実はこれでも結構耐久力あるという特徴があります。擦り切れてもダメージジーンズのように“味”として認識できるため、劣化をポジティブに楽しむことができます。

「クッション性」や「軽量性」で歩行をサポート

ソールが分厚いハイカットスニーカーの多くが、歩行時の衝撃を吸収してくれるクッション材を搭載し、快適な歩き心地をサポートしてくれます。
足ムレ対策にメッシュ素材を採用しているモデルもあります。

ボリューミーなハイテクスニーカーは意外と軽い物が多く、それ故にランニングシューズとして愛用されることも。
長時間歩き続けるときは、ある程度重さがないと逆に疲れてしまうので、ここは着用シーンで使い分けるのが吉ですね。

あとがき

以上、ハイカットスニーカーの「魅力」と「選び方」「おすすめモデル」を紹介しました。
参考になりましたでしょうか?

初心者から上級者、愛好家、マニアまで幅広くファンが存在している、ハイカットスニーカー。

靴としてのギア的側面と、アイテムとしての語れる側面。
基本の選び方をおさえながら、ぜひ、ハイカットスニーカーを楽しんでさいね。

『紳士のシャツ』編集部の玄木がお送りしました。
ではでは。