透けて見えたらNGなインナーシャツ(肌着)はどう選ぶか解説しつつ、おすすめ人気ブランドを紹介します。


ワイシャツの下に着るインナーって、どういうものがいいの?

インナーシャツの色はベージュがいいって本当?白は?黒は?

襟ぐりの形がいろいろあって選べない・・・Uネック・Vネックって何?


こんにちは。
シャツを格好良く着こなすことに余念がない、紳士のシャツを運営する永野です。

永野永野

シャツを着こなすためには、もちろん良いシャツを選ぶというのが大事。でもその前に、あなたのインナーシャツ、外から透けて見えていませんか?

ドレスシャツやビジネスシャツの下に着る、インナーシャツのマナーを意識したことはありますか?

襟の形もシルエットも美しい、輝かんばかりの真っ白なドレスシャツ・・・

その襟元からインナーシャツが覗いていたら、良いシャツとはわかっていても、なんとなくがっかりしてしまうのではないでしょうか。



そう、インナーシャツはあくまで「脇役」。

マナーとしても、インナーシャツは本来外から見えてはならないものなのです。

襟元や袖、裾からインナーシャツがはみでるのはもちろんNGですが、実はインナーシャツの形がワイシャツ越しに透けて見えるのもよくないとされています。

それなら、どういうインナーシャツを選べばいいの?

はみださなくて透けないインナーシャツなんてある?

そんなふうに思われた方は、ぜひこちらの記事に目を通してみてください。

マナーに則った、正しく美しいインナーシャツの選び方を、詳しく解説いたします。

インナーシャツの人気ブランドから、オススメのアイテムもご紹介しますよ!

シャツに合わせる正しいインナーシャツ


それではまずは、ビジネスシャツやドレスシャツに合わせるインナーシャツについて説明していきますね。

もともと、シャツは欧米で下着として着用されていたアイテムでした。

だから、ヨーロッパではワイシャツの下にインナー(肌着)を着用することはせず、素肌に直接着るものだとされています。

しかし夏は高温多湿、冬は低温乾燥という極端な気候の日本では、汗をかいた後の見た目が気になったり、防寒が必要だったりするため、ワイシャツの下にインナーを着ることが必要とされるようになったわけです。

本来、ワイシャツ=肌着の役割を果たすものなのでワイシャツの下には何も着ません。でも、四季がある日本で快適なワイシャツライフを過ごすためには肌着が必要不可欠です。

だから、そのルーツを考えても、インナーシャツにおいて大切なのは「外から見えない」ことです。

そのため、インナーシャツを選ぶときには以下のポイントを押さえておく必要があります。

正しいインナーシャツ(肌着)を選ぶための重要なポイントは3つ。【1】透けない色のインナーシャツを選ぶこと。【2】首元からインナーがはみ出さないネックデザインを知る。【3】季節に合わせて袖の長さを選ぶ。

ヨーロッパ風に素肌にシャツを着てしまうと、肌が透けてはしたなく見えるので気をつけましょうね。

日本のシャツは、実は皺になりにくいように生地が薄く作られているものが多いんですよ。

それでは、上で挙げたポイントを一つずつ説明していきますね。

白?黒?インナーシャツの色について


まずはインナーの色について。

ワイシャツの下に着るインナーの色は「無地」で「白色」のものが基本です。

清潔感のある色ですし、各ブランドのインナーもメインは白のものが多いですよね。

ですが、インナーの色がシャツの上から透けないようにすることを優先すると、本当の正解は違う色になります。

それは「ベージュ」。

肌に近い色であればあるほど、透けているのがわかりにくくなるのです。

もしくは、白よりも光を反射しない「ライトグレー」のインナーも透けにくいのでおすすめ。

つまり、インナーとしてふさわしい順に並べると、インナーシャツの色は

ベージュ>ライトグレー>白

となります。

ちなみに黒などの色の濃いインナーシャツは、はっきりと透けてしまうので避けてください。

オフの日に活躍させるのが吉ですよ!

襟ぐりの形はどれを選ぶ?

インナーのシャツの襟の種類は、以下の3タイプに分けられます。

  • 丸首
  • Vネック
  • Uネック

それぞれの特徴についてみていきましょう。

丸首はタイドアップスタイルに

スタンダードな丸首のシャツ。

普段ビジネスで着用する分には問題ないのですが、ノーネクタイで過ごすクールビズ期間は避けるようにしましょう。

なぜなら、第一ボタンを外すと襟元からシャツがのぞいてしまうから。

マナーとしてもよくないのですが、見た目も首がつまったように見えてしまって、どこか垢ぬけない印象を与えてしまいます。

永野永野

気を抜いて襟元からシャツをのぞかせていたら、「おじさんくさい」と言われたことも・・・特に女性は細かいところまで見ているので、丸首のシャツはタイドアップスタイルのとき!と心に決めています。


万能Vネック

Vの形に深く開いた襟元が特徴のインナーシャツです。

Vネックタイプのシャツであれば、タイドアップでもノータイでも問題なく着られます。

つまり、季節を選ばない万能型のインナーシャツなので、個人的にはVネックのシャツを揃えておくのが一番だと思いますよ。

Uネックも問題なし

最後に、一番見ることの少ないUネック。

丸首のシャツよりも首元に余裕がありますね。

こちらもシャツの襟元から見えることはありませんので、Vネックと同じく万能型のインナーシャツです。

あまり見ることがないため買うのを躊躇われるかもしれませんが、問題ありませんよ!

袖の長さにマナーはあるか

インナーシャツの袖の長さには、半袖、長袖、ノースリーブやタンクトップがあります。

オールシーズン着られるのは半袖のインナーシャツ。


長袖のインナーシャツも、シャツの袖からインナーがのぞかなければ大丈夫です。

最近では9分袖のものや、袖をちょっと捲ってもはみ出ない7分袖のインナーシャツもありますね。

しかし、袖のないノースリーブやタンクトップのインナーシャツはオススメしません。

なぜなら、袖がないことでシャツの脇部分に汗じみができやすくなってしまうから。

涼しくはあるのですが、湿度が高いときはシャツが腕に張り付いて動きにくい・・・なんてことにもなりかねないので、ビジネスシーンでは特に避けるようにしてくださいね。

インナーシャツのオススメ人気ブランド4選

さて、ここからはインナーシャツを販売している人気のブランドをご紹介いたします。

インナーシャツは季節によって用途が変わるので、それぞれのブランドの夏用、冬用オススメアイテムもピックアップしますね!

※各商品の価格は2019年7月時点でのものとなります。

国民の必需品 UNIQLO(ユニクロ)

日本人なら一人一着は持っているのではなかろうかという、ユニクロのインナー。

夏は「吸汗速乾」「接触冷感」、冬は「吸汗発熱」「保湿」に優れたインナーを販売しています。

なめらかで肌触りがよく、着用すると気持ちがいいのも嬉しいですね。


夏用インナー:AIRism(エアリズム)

触れるとひやり、と感じる「接触冷感」インナー。

汗を吸って素早く蒸発させてくれますし、抗菌防臭、かつ消臭効果もある優れもの。
「着たほうが涼しい」というレビューもある、大人気のインナーです。

素材 ポリエステル89%、ポリウレタン11%
価格 990円(税抜き)

冬用インナー:HEATTECH(ヒートテック)

汗を吸って熱に変えるという、吸汗発熱機能をもつインナー。
椿オイルを配合するなど保温性に優れた、ユニクロの大ヒット商品です。

寒さに応じて三段階のレベルが用意されているのがユニークですね。

素材 レーヨン34%、ポリエステル33%、アクリル28%、ポリウレタン5%
価格 990円(税抜き)

肌着に特化した GUNZE(グンゼ)

実は1896年創業の、120年以上続く老舗肌着メーカー、グンゼ。

品質にとことんこだわり、顧客の悩みに寄り添った商品展開をしています。

男性下着のシェアは国内1位を誇る、名実ともにNo.1のブランドです。


夏用インナー:SEEK(シーク)

設計から縫製まで、すべて日本国内で行われている国産の肌着です。

襟や袖口、裾に縫い目がなく、切りっぱなしになっている「カットオフ」の商品。
上からシャツを羽織っても境目が浮き出ず、よりインナーシャツの存在を見えなくしてくれます。

汗をかいてもさらりとした着心地で、ソフトな伸縮性もあり、機能性もばっちり。
するするとした肌触りのよさが魅力ですね。

素材 本体:綿55%、ポリエステル35%、ポリウレタン10%
脇パッド部:レーヨン45%、綿40%、ポリウレタン15%
価格 3,000円(税抜き)

冬用インナー:SEEK(シーク)ロングスリーブ

夏用インナーと同じく、SEEK(シーク)の長袖インナーシャツ。
こちらも「カットオフ」仕様で縫い目がないため、アウターに響きません。

吸湿発熱機能をプラスし、体から放出された水蒸気により発熱するのであたたか。
さらに衣服内はムレにくく快適です。

夏用インナーシャツと同じく肌触りがいい、オススメのインナーシャツです。

素材 レーヨン60%、アクリル25%、ポリウレタン15%
価格 4,500円(税抜き)

夏用インナー:YG(ワイジー)

この上で紹介した「SEEK」のセカンドラインにあたるアイテムです。

価格はSEEKの1/2ほどですが、SEEKと同じように、グンゼの特許製法「カットオフ®」が裾や袖口に採用されています。

カットオフ仕様のインナーを初めて購入する場合は、このYGを選ぶのもオススメですよ。

素材 本体:綿35%、ポリエステル30%、レーヨン20%、ポリウレタン15%
脇パッド部:綿35%、ポリエステル30%、レーヨン20%、ポリウレタン15%
参考価格 1,500円(税抜き)

素材にこだわる 無印良品

全国にファンのいるブランド「無印良品」。
その衣料品も、ナチュラルな素材感が人気を博しています。

数は多くありませんが、「無印良品」の人気インナーシャツをご紹介しますね。


縫い目がないカットオフインナー

裾や袖に縫い目がないため、アウターに響かないカットオフ仕様のインナーです。

オーガニックコットンを使っており、通気性の良さが特徴です。

素材 綿 55%、ポリエステル 30%、ポリウレタン 15%
価格 1,990円(税込み)

洗えるウールインナーシャツ

冬の暖かい素材という印象が強いウール100%のインナーシャツ。

ウールは吸湿性に優れ、抗菌防臭性があるという特長をもっていて、汗をよく吸い取ります。
実は通年着用でき、インナーとしても最適な素材なのだそう。

家で気軽に洗濯のできる、嬉しい天然素材のインナーシャツです。

素材 ウール100%
価格 1,990円(税込み)

アメリカ生まれの老舗メーカー B.V.D.

創業140年、アメリカ・ニューヨーク発の肌着ブランド。
アメリカ国内では辞書に「アンダーウェアの代表的商標名」として掲載されるほど有名です。

シンプルで機能的、丈夫で長持ちであることを理念に、着心地の良い肌着を展開しています。


夏用インナー:DRY CONTROL(ドライコントロール)

汗・湿気で伸び縮みし、通気性をコントロールする「呼吸するインナー」。
脇下が二重構造になっていて、アウターに汗ジミができることを防ぎます。

深めのVネックになっているので、第一ボタンを開けてもインナーが見えることはありません。
B.V.D.一押しの夏用インナーです。

素材 ポリエステル85%、複合繊維(アセテート系ベントクール)15%
価格 楽天:1,123円(税込み)
amazon:1,404円(税込み)
公式通販サイト:1,404円(税込み)

冬用インナー:heat edit(ヒートエディット)

わずか0.37㎜の厚さの、吸湿発熱インナーシャツ。
とても薄手で伸縮性にも優れているため、着ていることを忘れてしまうほど。

色はチャコールグレー、白、ブラックがあるようですが、チャコールグレーか白がオススメ。
寒い冬も、動きやすく快適に、でも暖かく過ごせるインナーシャツです。

素材 指定外繊維35%、ナイロン35%、アクリル30%
価格 楽天:1,382円(税込み)
amazon:1,728円(税込み)
公式通販:1,728円(税込み)

あとがき

インナーシャツ選びの正解、覚えましたか?

最後にもう一度確認してみましょう!

正しいインナーシャツ(肌着)を選ぶための重要なポイントは3つ。【1】透けない色のインナーシャツを選ぶこと。【2】首元からインナーがはみ出さないネックデザインを知る。【3】季節に合わせて袖の長さを選ぶ。

正しいインナーシャツを選んで、もっと快適な生活を送ってもらえたら嬉しいです。