夏は勿論のこと、ソックスと合わせることでオールシーズン愛用する人も多い「レザーサンダル」。

しょせん素材を革(レザー)に変えただけのサンダル。

……なのに、こうも大人らしく、そして誤解を怖れずに言うなら『なんか、ちゃんとしている感』『すごく贅沢なイメージ』がグッと増すのは、流石レザー恐るべし、と言ったところ。

引用元:wear.jp(すけ氏の投稿)
ブラックのレザーサンダル&ブラックのソックス。遠目からみた印象は、もはや靴。素足に履くだけでなく、こういったコーディネートも楽しいですよね。

引用元:rakuten.co.jp(LEGIO)
カジュアルであることに変わりはないのですが、ググッと上品に、そしてラグジュアリーな印象が強くなります。

「サンダルの機能性」「革靴系の上品さ」を兼ね備えているわけですから、冷静に考えてみれば、血筋としてのポテンシャルは凄く高いですよね。

引用元:rakuten.co.jp(ROCOCO)
グルカサンダルのように「足を覆う面積が多いサンダル」だと、後ろから見たら”もはや革靴”です。

そういう訳で今回は、レザーサンダルにフォーカスして、基本知識やオススメモデルを解説・紹介していきます。
「コンビニ行くときサンダル履いてるけど、ラフ過ぎて一瞬躊躇する」
「お洒落な感じはあるけど、オススメってなに?」

そんな悩み・疑問をお持ちの方のお手伝いができれば幸いです。

では、いきましょう。

レザーサンダルの特徴・メリット

まず始めに、レザーサンダルの特徴・メリットを整理していきましょう。

上品&ラグジュアリーな印象になる

すごくラグジュアリー。コレです。

革靴やスニーカーと比べると、サンダルって、何となく安物っぽいイメージがありませんか?

そのサンダルが上品に見えるというのは、見た時のギャップが凄いです。

ググッとラグジュアリー感が増すので、履いている本人の満足感だけでなく、「この人、お洒落に気を付けている人なんだな」という周囲の人に与える印象にも影響してくるでしょう。

引用元:rakuten.co.jp(cocochiya)

そして、装飾を加えて高級感をUPさせているわけでもないため、とても上品です。

小手先の着飾りでなく、素材の良さでストレート勝負している“潔さ”があるとでもいいましょうか。

経年変化で、使い込むほど足に馴染む

レザー素材特有の特徴である経年変化。

革靴などは、履けば履くほど革素材が柔らかくなっていく感じを体幹できますが、レザーサンダルでもそれに近い感覚が楽しめます。

ただの劣化ではなく、使い込んでる感になるのは、嬉しいものですよね。

育てている感が出るので、長く大切に使いたくなります。

選ぶときは「革の素材」と「サンダルの種類」の2軸で

レザーサンダルの特徴・メリットを整理したところで、次はレザーサンダルを選ぶときの軸について解説していきます。

レザーサンダルを選ぶときの軸、それは

  • 革の素材
  • サンダルの種類(形状)

です。
それぞれ解説していきますね。

素材は、より上品な「スムース」or ちょっとカジュアルな「スエード」

サンダルの種類(形状)も重要ですが、やはり、まずはレザーの素材感。
ツヤ・光沢がある「スムースレザー」を選ぶのか。それとも、マットな素材感が特徴の「スエードレザー」を選ぶのか。それだけで、印象はガラっと変わります。

では、それぞれのレザーの特徴を見ていきましょう。

より上品に寄せたいときの「スムースレザー」

引用元:rakuten.co.jp(Santnore co.,ltd.)

艶があり、光沢がある、いわゆる一般的なレザーは「スムースレザー」と呼び分けられます。高級感ある光沢と柔軟性があるのが特徴です。

上の下あたりのカジュアルさが欲しいときの「スエードレザー」

引用元:rakuten.co.jp(LEGIO)

レザーはレザーでも、マットな質感としっとりと肌に馴染む感覚が特徴なのが、スエードレザーです。

履き心地やデザインで決めたい「サンダルの種類」

素材を決めた後は、サンダルの種類・形状です。

形状は「脱げやすくて、ちょっと苦手」や逆に「ここまで固定するならサンダルの意義がない」など、個人のこだわり・得手不得手が出る部分でもあります。

お洒落なデザイン性にこだわるだけでなく、サンダルとしての機能性もチェックしてくださいね。

リゾート感満載! オーソドックスな「フラップ」

引用元:rakuten.co.jp
親指と人差し指の間で鼻緒をはさむサンダルを「フラップサンダル」と呼びます。いわゆる下駄や草履と同じタイプです。

サンダルとして非常にオーソドックスではありますが、「指の間が痛い」ということで苦手も人も結構多いのではないのかなと思っています。

スリッパみたいに着脱ラクチン「スライダー」

引用元:rakuten.co.jp(inglewood Co., Ltd.)
輪になった部分に足を挿し込む、言うなればスリッパのように脱ぎ履きが楽なタイプを「スライダーサンダル」と呼びます。

とにかく脱ぎ履きが楽なのが最大の特徴といえます。

足にカッチリ固定できる「ストラップ」

引用元:rakuten.co.jp
サンダルを足に固定できるタイプを「ストラップサンダル」と呼びます。履いているときの安定感と脱げにくさが最大の特徴です。アクティブに動き回る予定がある日にはオススメといえますね。

構造的に靴に一歩近づくため、これまでに紹介したタイプより少しドレス感が増しています。

サンダルの中でも、かなりドレスな「グルカ」

引用元:rakuten.co.jp
ストラップ系サンダルの中でも、足首からつま先まで背骨のように生地が走っているタイプを「グルカサンダル」と呼びます。19世紀に存在したグルカ兵の履物をモデルにしています。

つま先まで革があるため、本格革靴の面影が強く、サンダルの中でもかなりドレス感が高くなっているモデルが多く販売されています。

並ぶベルト&バックルがお洒落な「グラディエーター」

引用元:rakuten.co.jp
ストラップ系サンダルの中でも、多数の細ベルトとバックルで足に固定するタイプを「グラディエーターサンダル」と呼びます。

古代ローマの剣闘士(グラディエーター)が履いていた履物をモデルにしたものです。

おすすめレザーサンダル5選

余計な装飾一切なし! なお手軽価格のレザーサンダル

COX レザーサンダル
参考価格:1,980円(税込み)
引用元:rakuten.co.jp

プラスアルファな装飾をとにかく省き、THEシンプルに仕上げられた、フラップタイプのレザーサンダルです。

色はブラックとダークブラウンと、これまた定番をおさえています。

価格も非常にお手軽に設定されているため、とりあえず一足買っておきたいときにオススメ。
ちょっとコンビニまで行きたいときに、重宝しますよ。

サンダルの種類 フラップ
COX レザーサンダル』は、こちらの通販サイトで購入できます。

楽天市場で
詳細を見る
1,980円

グラディエーターテイストなスライダーサンダル

OUTNUMBER レザーサンダル
参考価格:5,390円(税込み)
引用元:rakuten.co.jp

大阪のシューズカンパニー「リアルワークス」が展開するサンダルブランド『アウトナンバー-』のレザーサンダルです。

スリッパのように脱ぎ履きできるスライダータイプではあるのですが、足の甲を覆う生地の枚数が多いため、グラディエーター風なデザインに仕上がっています。

かかとや土踏まずなどに、クッション材を仕込むことで歩きやすさをUP。

グラディエーターサンダルに興味があるけど、かかとは固定しなくていいんだよなあという方にピンポイントにオススメしたい一品です。

サンダルの種類 スライダー
OUTNUMBER レザーサンダル』は、こちらの通販サイトで購入できます。

楽天市場で
詳細を見る
5,390円

スタンダードなグルカサンダルをお探しの方へ

OUTNUMBER グルカサンダル
参考価格:5,390円(税込み)
引用元:rakuten.co.jp

大阪のシューズカンパニー「リアルワークス」が展開するサンダルブランド『アウトナンバー』のグルカサンダルです。

足の甲で交差する生地1枚1枚に手仕事でアンティーク加工が施され、シンプルながらも奥深い表情に仕上がっています。

アウトソールには溝が並んだものを採用することでグリップ力をアップ。滑りにくいようになっています。

サンダルの種類 グルカ
OUTNUMBER グルカサンダル』は、こちらの通販サイトで購入できます。

楽天市場で
詳細を見る
5,390円

歩き心地や撥水性にこだわっているイギリスのレザーサンダル

DR.MARTENS レザーサンダル
参考価格:9,990円(税込み)
引用元:rakuten.co.jp

ドイツ医師であるクラウス=マーチン氏が、患者のためにソールを開発したことから始まったシューズブランド『ドクター・マーチン』のレザーサンダルです。

アッパー(足の甲を包む部分)には水をはじく加工を施したハイドロレザーを採用しているため、雨の日も安心。サッと脱いで足だけ吹けばOKです。

独自の圧着技術でソールをくっつけているため非常にタフ。ブランドの起こりに違わず、履き心地にもこだわった1品です。

サンダルの種類 ストラップ
DR.MARTENS レザーサンダル』は、こちらの通販サイトで購入できます。

楽天市場で
詳細を見る
9,990円

サンダルなのに、どこか重厚感もあるグラディエーターサンダル

レザーサンダル グラディエータータイプ
参考価格:7,590円(税込み)
引用元:rakuten.co.jp

足首まで留め具が達しているミッドカットタイプのグラディエーターサンダルです。

フラットなソールではなく、かかとに高さを少し持たせているため、より上品な印象に仕上がっていますね。

足首まで留めるタイプなため、脱ぎ履きのしやすさは損なわれている物の、ハイカットスニーカーのようにスリムながらも存在感あるデザインを楽しめますよ。

サンダルの種類 グラディエーター
レザーサンダル グラディエータータイプ』は、こちらの通販サイトで購入できます。

楽天市場で
詳細を見る
7,590円

あとがき

以上、レザーサンダルの基本知識とおすすめモデルを紹介しました。
参考になりましたでしょうか?

サンダルらしい軽快さとリラックス感がありつつ、革靴由来の上品さをもつという、ある意味、最強のアイテムレザースニーカー。

夏履きは勿論、秋や冬先のちょっとした外出で楽したい&お洒落もしたいときに、ぜひ、試してみて下さいね。

『紳士のシャツ』編集部の玄木がお送りしました。
ではでは。