キャッシュレス化やミニマル思考の広まりを受けて、バッグやお財布のサイズが小さくなる傾向にある昨今。

何やかんやで、収納力の高い「長財布」を愛用するユーザーも割と多く残っているように感じます。

長財布。ミニ財布。マネークリップ etc.

財布の選択肢が増えたことで、長財布を選ぶ人は、より強固な意志や好み、こだわりをもって長財布を選ぶようになり、昔よりも種類ごとの“住み分け”が進んだと言えるでしょう。

引用元:wear.jp(多田氏の投稿)
大きいからこそ、大人メンズとしての貫禄や格好良さが演出できるのも長財布の特徴といえます。目に入る面積が大きいので、長財布の素材感が分かりやすいのも◎。

今回の記事では、長財布にフォーカスしまして「選ぶときのポイント」や「人気おすすめブランド」を紹介していきます。

「新しい財布も、やっぱり長財布にしようと思っている」
「長財布の、おすすめブランドって何?」
「長財布を始めて買うけど、何を基準に選べばいい?」

長財布に関して、そんな疑問や悩みをお持ちの皆さまの手伝いができれば幸いです。

記事の目次 – 項目をクリック/タッチすると、該当コンテンツへとびます –

  1. 改めて見直したい長財布のメリット・デメリット

  2. 長財布選びの2大ポイント

  3. 人気おすすめ長財布ブランド30選

改めて見直したい長財布のメリット

まず初めに、長財布の特徴を見直していきたいと思います。

お札や小銭、クレジットカード、レシートまでバッチリ収められる収納力

|この商品の詳細を見る

引用元:tsuchiya-kaban.jp
ミニ財布やコインケースでは真似できない、圧倒的な収納力の差。持ち運ぶ手間こそあるものの、その持ち運ぶことが気にならなければ、これほど頼れる相棒もそうそういません。

長財布の特徴と言えば、何と言っても「収納力」の高さ

お札は勿論、小銭もカードもレシートまで、バッチリ収めることが出来ます。

確かに、キャッシュレス化の流れの中で、長財布を選ぶユーザーは減ってきました。しかし、それでも「結局、現金を別に持ち歩いている」といった方や「やっぱり長財布が性に合ってる」という人も確かにいるのです。
無理してミニ財布を選ぶ必要もないわけですね。

サイズの大きさが演出する「貫禄」と「素材感」

実にシンプルな話ではありますが、長財布はサイズが大きいので貫禄があります。収納力と同じく、ミニ財布やマネークリップでは真似しようもありません。

また、視界に入りやすいので「こだわりの素材感」が周囲の人にも伝わりやすいという点も見逃せないでしょう。

|この商品の詳細を見る

引用元:ikedakohgei.jp(池田工芸)
長財布ほどのサイズになるど、靴やジャケットのように“その人を象徴するアイテム”になってきます。人は“中身も大切ですが、“外見”も同じように大切です。より格好いい自分自身を目指すために、ちょっと背伸びしたいときに、いい物を求めるのは紳士として王道なのです。

「アピールしやすい」と書くと、ちょっぴり下心があり過ぎる気もしますが、蔑ろにできないポイントなのも確か。

自分が選んだ“お気に入りの長財布”をキッカケにして、「いいお財布ですね」や「どこのブランドですか?」というようにコミュニケーションが広がると、やっぱり嬉しいし楽しいものです。

かさばるというデメリットも忘れずに

長財布を持ち上げる話が続きましたが、長財布はサイズ感ゆえに「かさばる」という点は忘れないようにしましょう。

普段からバッグを持ち歩いている人であれば問題ありませんが、長財布をミニ財布などと同じようにお尻のポケットなどに突っ込むのは危険

長財布の痛みや歪みに繋がったり、そもそも入らないこともあるでしょう。

|この商品の詳細を見る

引用元:ikedakohgei.jp(池田工芸)
やれ貫禄がないだの、やれ収納力がないだの言いましたが、ミニ財布やマネークリップも、とても便利で需要があります。だからこそ、こうして種類が増えてきたのです。長財布にしろミニ財布にしろ、皆さんのライフスタイルにマッチした財布が見つかるのがベストです。

無理してミニ財布やマネークリップを選ぶ必要はないのですが、逆に無理して長財布を持ち歩く必要もありません。

この「どっちがベスト」かは、皆さん自身の中にしかありません。自分のライフスタイルや“こうありたい理想”と相談して決めて下さいね。

長財布選びのポイントは「種類」と「素材」

長財布の特徴を再確認したところで、次は長財布の選び方についてです。

フィーリングで選んでしまうのも手ではありますが、長財布を選ぶときに、おすすめの軸は2つ。

  1. 長財布の種類(開閉方法の種類)
  2. 長財布の素材

です。

それぞれ解説していきますね。

容量や開閉方法に差が出る「種類(開閉方法の種類)」

収納力抜群の、ラウンドファスナー

|この商品の詳細を見る

引用元:http://guionnet.jp/

「ラウンドファスナー」は、コの字ファスナーを開け閉めするタイプの長財布です。長財布の中で一番収納力があるのが特徴です。

ファスナーテープ(ファスナーの噛み合うパーツじゃない布の部分)があるため、悪く言えば、一番スマートになりきれないタイプでもあります。

お札やカードを“たっぷり”持ち歩きたい方にオススメと言えますね。

薄めでスマートな、かぶせ(二つ折り)タイプ

|この商品の詳細を見る

引用元:frame.jp

「かぶせ蓋」のある長財布は、長財布の中で一番クラシックなタイプです。特に蓋を固定していないものから、スナップボタンで“パチッ”と留められるものまで様々。
小銭入れがない構造の物は「札入れタイプ」と更に細かく分類されることもあります。

特長は、薄くてスマートなのが特徴。スーツの胸ポケットに入れるなら、かぶせタイプが一番オススメです。

収納力と開閉のラクさを兼ね備えたバランスタイプ、L字ファスナー

|この商品の詳細を見る

引用元:ikedakohgei.jp(池田工芸)

ラウンドファスナーから派生進化したのが、L字ファスナータイプ。ラウンドファスナーのファスナーがコの字(3辺)であるのに対して、L字ファスナーは、その名の通りL字(2辺)になっています。

レディース長財布で爆発的な人気を博して以降、メンズでもL字ファスナーを採用するタイプが少しずつ増えてきました。ただ、他の2種類と比べると大分少ないです。

特長は、ラウンドファスナーと同じように収納力に優れつつ、ファスナーが短い分だけ開閉がしやすくなっていることです。

面積の大きい長財布だからこそポイントになる「素材」

長財布の種類の次にチェックしてほしいのが、素材。

素材に関しては非常に多くのバリエーションがあるため、特に人気がある4素材に絞って紹介していきますね。

革小物の王道にして、バリエーション豊かな「カウレザー(牛革)」

引用元:amazon.co.jp

素材紹介1番手は「カウレザー」。牛の革です。ここでは便宜上「カウレザー」と呼びますが、実際は、成牛の革を「ステアレザー」。仔牛の革を「カーフレザー」という風に、細かく呼び分けることがほとんどです。

革素材としてのスタンダードであり、多くのブランドで採用しています。また、スタンダードだからこそ、エンボス(型押し)を施すことで耐久度を上げる試みがされるなど、工夫やこだわりが垣間見える素材でもあります

高耐久&経年変化が楽しみな「ブライドルレザー(牛革)」

引用元:isit-japan.com

カウレザーの中でも、蝋(ロウ)を何度も塗り込むことで耐久度を向上させたカウレザーを、ブライドルレザーと呼びます

元々は「馬具用素材」として発展してきたため、耐久度が高いという特徴があります。内部にまで蝋が染み込んでいるため耐水性が高いのもポイントです。

写真(↑)のように、細かい粉が革表面についていますが、これはレザー内部から染み出た蝋が固まったもの。ブライドルレザーとして良品であることの証です。
布で拭き取れば簡単に落ちるので、気になる場合は拭き取ってしまいましょう。

“革のダイヤモンド”と称される希少素材「コードバン(馬革)」

引用元:rakuten.co.jp

革素材の中でも、特に希少で美しい「コードバン」は、つるっとした素材感も相まって“革のダイヤモンド”と呼ばれています

コードバンを生産できるタナリー(なめし工場)は本当に少なく、日本国内とアメリカに1つずつしかありません。※「コードバンの仕上げ(最終工程)」ができる工場を含めると、もう少し数は増えます。

素材の特徴としては、非常に美しい反面、水(雨&汗)に弱く、また、傷が目立ちやすい(※耐久性は高い)ため、少し上級者向きの素材と言えます。

ワイルド×ラグジュアリー感溢れる「クロコダイルレザー(ワニ革)」

引用元:amazon.co.jp

ワニ革の中でも「イリエワニ(ポロサス)」「ナイルワニ」「ニューギニアワニ」「シャムワニ」の4種類から採取できるレザーを「クロコダイルレザー」と呼びます。
現在、世界中で最も価値があるとされる革素材です。

斑(ふ)と呼ばれる鱗模様が美しく、種族差だけでなく個体差も大きいことから、1つとして同じ表情の素材がない“一点もの”に近い価値があります。

加工方法によって「マットな表情」から「宝石のような光沢感」まで様々な表情を見せ、ビジネスマンの中でも、特に個人事業主にピッタリなワイルドさがあるのが特徴です。

人気おすすめ長財布ブランド30選

ここからは「人気の長財布ブランド」と「ブランド頃のオススメ長財布」を紹介していきます。

実際に購入するときの参考にしてもらえれば幸いです。
価格などの情報は2021年3月22日時点のものであることを、予めご了承くださいませ。

おすすめ長財布30選 – 項目をクリック/タッチすると、該当コンテンツへとびます –

  1. キメの細かい王道素材「カーフレレザー長財布」9選
  2. 高耐久&経年変化が楽しみな「ブライドルレザー長財布」5選
  3. “革のダイヤモンド”こと「コードバン長財布」5選
  4. ワイルド×ラグジュアリーな「ワニ革財布」5選
  5. 他にも様々なレザーから集めたオススメ長財布6選
職人技で“用の美”を追求する|ファーロ
価格
30,096円
種類
かぶせ(二つ折り)
素材
スペリオ・フィンカーフ(ベタ貼り)
▼ 商品の詳細を見る ▼


馬具メーカー時代から紡ぐ、ブライドルレザーのノウハウ|ホワイトハウスコックス
価格
57,200円
種類
ラウンドファスナー
素材
ロンドンカーフ
▼ 商品の詳細を見る ▼


英国王室の色・ロイヤルパープルを操る|エッティンガー
価格
56,100円
種類
かぶせ(二つ折り)
素材
カーフレザー
▼ 商品の詳細を見る ▼


リーズナブルな日本製財布が欲しいときの選択肢|キプリス
価格
28,600円
種類
かぶせ(二つ折り)
素材
カーフレザー
▼ 商品の詳細を見る ▼


レザーを編み上げる、イントレチャートの代名詞|ボッテガヴェネタ
価格
61,900円
種類
かぶせ(二つ折り)
素材
カーフレザー
▼ 商品の詳細を見る ▼


世界的ラグジュアリーブランド|プラダ
価格
48,800円
種類
かぶせ(二つ折り)
素材
サフィアーノ・カーフレザー
▼ 商品の詳細を見る ▼


イタリアの至宝|ブルガリ
価格
122,222円
種類
L字ファスナー
素材
グレインカーフレザー
▼ 商品の詳細を見る ▼


時代で変わる人々のニーズに応え続ける老舗|dunfill
価格
38,800円
種類
かぶせ(二つ折り)
素材
スモールグレインカーフレザー
▼ 商品の詳細を見る ▼


目指したのは、英国古来のものづくり|グレンロイヤル
価格
46,636円
種類
ラウンドファスナー
素材
ブライドルレザー
▼ 商品の詳細を見る ▼


大手メーカーでは作れない“面白い財布”を目指す職人魂|クランプ
価格
30,800円
種類
かぶせ(二つ折り)
素材
ブライドルレザー
▼ 商品の詳細を見る ▼


行動派ジェントルマンを支える、英国リスペクトな”ものづくり”|ブリティッシュグリーン
価格
13,200円
種類
かぶせ(二つ折り)
素材
ブライドルレザー
▼ 商品の詳細を見る ▼


素材開発から縫製まで100%メイドインジャパン|エルゴポック
価格
40,700円
種類
ラウンドファスナー
素材
ブライドルレザー
▼ 商品の詳細を見る ▼


「そうそう、これでイイんだよ。これで」を追及するシンプルイズベスト|イズイット
価格
30,800円
種類
L字ファスナー
素材
ブライドルレザー(スペイン産)
▼ 商品の詳細を見る ▼


王道(良い素材を、良い腕で、良い製品に)を突き進む|プレリー
価格
46,200円
種類
かぶせ(二つ折り)
素材
ジュエルコードバン
▼ 商品の詳細を見る ▼


宣伝ではなく物の良さで国内外にファンを増やす|ガンゾ
価格
51,700円
種類
かぶせ(二つ折り)
素材
コードバン
▼ 商品の詳細を見る ▼


最高峰のリーズナブル|ギオネ
価格
30,000円
種類
ラウンドファスナー
素材
コードバン
▼ 商品の詳細を見る ▼


モダン×遊び心の要素を日本古来の技で|フジタカ・アクセサリーズ
価格
82,500円
種類
ラウンドファスナー
素材
コードバン
▼ 商品の詳細を見る ▼


ライフスタイルに寄り添うツールを定期価格で|P.I.D
価格
29,700円
種類
かぶせ(二つ折り)
素材
コードバン
▼ 商品の詳細を見る ▼


創業78年!! クロコダイルレザー専門ブランド|池田工芸
価格
154,000円
種類
ラウンドファスナー
素材
クロコダイル(グレージング加工)
▼ 商品の詳細を見る ▼


薄さ0.4mmの牛革とクロコレザーを貼り合わせる職人技|ファーロ
価格
220,000円
種類
かぶせ(二つ折り)
素材
クロコダイルレザー×カーフレザー
▼ 商品の詳細を見る ▼


真心をもって、高品質を低価格で提供する|三京商会
価格
47,300円
種類
L字ファスナー
素材
ナイルクロコダイル(ハイシャイン加工)
▼ 商品の詳細を見る ▼


岩のように荒々しいワイルドなアイテムに仕上げる|ゴダン
価格
21,855円
種類
ラウンドファスナー
素材
カイマンレザー(石ワニレザー)
▼ 商品の詳細を見る ▼


エキゾチックレザーをリーズナブルな価格で|東京クロコダイル
価格
151,800円
種類
ラウンドファスナー
素材
クロコダイル(シャイニング
▼ 商品の詳細を見る ▼


海外の良い物・悪い物を見極めてきたノウハウを存分に投入!!|ゾンネ
価格
12,100円
種類
ラウンドファスナー
素材
カウレザー
▼ 商品の詳細を見る ▼


ランドセル作りから始まったハンドメイドブランド|土屋鞄製造所
価格
34,650円
種類
L字ファスナー
素材
バッファローレザー
▼ 商品の詳細を見る ▼


手を伸ばせば届くラグジュアリー|コーチ
価格
44,000円
種類
ラウンドファスナー
素材
ウォーター・バッファローレザー
▼ 商品の詳細を見る ▼


デザイン・機能・コスパの三拍子が揃う|アニアリ
価格
29,700円
種類
ラウンドファスナー
素材
カウレザー(ステア:成牛)
▼ 商品の詳細を見る ▼


フランス・パリから来た、上品×リーズナブルなブランド|アニエスベー
価格
29,480円
種類
ラウンドファスナー
素材
カウレザー(型押し)
▼ 商品の詳細を見る ▼


摩擦に強いコーデュラ®ポリエステル生地の長財布|ポーター
価格
11,000円
種類
かぶせ(二つ折り)
素材
コーデュラ®ポリエステル
▼ 商品の詳細を見る ▼


現代ファンタジー|ベルルッティ
価格
137,500円
種類
かぶせ(二つ折り)
素材
ヴェネチアンレザー
▼ 商品の詳細を見る ▼



職人技で“用の美”を追求する|ファーロ(falo)

おすすめ長財布の参考価格:39,600円(税込み)
引用元:briefing-usa.com

引用元:briefing-usa.com

▼ブランドの概要
1965年に創業した『ファーロ』は、機能とミニマムを融合させた“ものづくり”を追及する日本のブランドです。
財布業界では珍しい「ベタ張り」を始めとした職人技を用いて、世界に誇れる「用の美」を生み出し続けています。

▼おすすめ長財布のポイント
繊維の方向が異なる2枚のカーフレザー(それぞれ0.4mm)を貼り合わせる技術を採用した長財布です。
カードポケットの数は、あえて制限。「ポケットが多ければ多いほど、物を入れたくなってしまう心理」に待ったをかけ、お札が膨らみにくいよう仕上げられています。

種類 かぶせ(二つ折り)
素材 スペリオ・フィンカーフ(ベタ貼り)
ブランド名 ファーロ(falo)
amazonで
詳細を見る
30,096円

公式通販で
詳細を見る
39,600円

楽天市場で
詳細を見る
39,600円

馬具メーカー時代から紡ぐ、ブライドルレザーのノウハウ|ホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox)

おすすめ長財布の参考価格:57,200円(税込み)
引用元:frame.jp

引用元:frame.jp

▼ブランドの概要
『ホワイトハウスコックス』は、1875年創業時には品質の高い馬具メーカーとして、今日は耐久性の高いブライドルレザーを操る老舗として知られる、イギリスのブランドです。

▼おすすめ長財布のポイント
外装にカーフレザーを。そして、内部にはホワイトハウスコックスお得意のブライドルレザーを使用したハイブリッド長財布です。
エッジを走る色違いのステッチが、ほどよく肩の力を抜くカジュアル感を選出してくれていますね。

種類 ラウンドファスナー
素材 外装:ロンドンカーフ、内装:ブライドルレザー
ブランド名 ホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox)
公式通販で
詳細を見る
57,200円

英国王室の色・ロイヤルパープルを操る|エッティンガー(ETTINGR)

おすすめ長財布の参考価格:56,100円(税込み)
引用元:ettinger.jp

引用元:ettinger.jp

▼ブランドの概要
『エッティンガー』は、英国王室の色である「ロイヤルパープル」の使用許可を受けた実績のある、イギリスのレザーグッズブランドです。
ロイヤルパープルのレザーを内生地に採用したロイヤルコレクションは人気を博しています。

▼おすすめ長財布のポイント
英国王室の色(ロイヤルパープル)を内装に採り入れた長財布です。
外装はオーソドックスなデザインなので、開いた時の上品な紫からくる満足感は、他のモデルでは、なかなか味わえないものに仕上がっていますよ。

種類 かぶせ(二つ折り)
素材 カーフレザー
ブランド名 エッティンガー(ETTINGR)
amazonで
詳細を見る
56,100円

公式通販で
詳細を見る
56,100円

楽天市場で
詳細を見る
56,100円

リーズナブルな日本製財布が欲しいときの選択肢|キプリス(CYPRIS)

おすすめ長財布の参考価格:28,600円(税込み)
引用元:amazon.co.jp

引用元:amazon.co.jp

▼ブランドの概要
“一生愛せる本質的価値のあるものづくり”を理念に掲げる『キプリス』は、日本のレザーグッズブランドです。ブランド名の由来は、自然界で最も美しいとされる「キプリス・モルフォ蝶」。
高いクオリティにも関わらず手が出しやすい価格設定がされているのが特徴です。

▼おすすめ長財布のポイント
細かな型押しを施すことで、傷やシワが入りにくいよう整えたボックスカーフの長財布です。
水に恵まれた環境で鞣(なめ)したヨーロッパレザーを仕様しているため、素材自体の質が良く、キメの細かさや肌合いに変な偏りがありません。実に美しいですね。
財布の底部分にマチがあるタイプなので、収納力が高いのも◎。

種類 かぶせ(二つ折り)
素材 カーフレザー
ブランド名 キプリス(CYPRIS)
amazonで
詳細を見る
28,600円

公式通販で
詳細を見る
28,600円

楽天市場で
詳細を見る
40,794円

レザーを編み上げる、イントレチャートの代名詞|ボッテガヴェネタ(BOTTEGA VENETA)

おすすめ長財布の参考価格:61,900円(税込み)
引用元:rakuten.co.jp(BLUEK)

引用元:rakuten.co.jp(BLUEK)

▼ブランドの概要
『ボッテガヴェネタ』は、イタリアを代表するラグジュアリーブランドです。今でこそ多くのブランドで見られる「冊切りレザーを丁寧に編み上げる技法」イントレチャートを編み出したブランドとして、多大な影響を与えました。

▼おすすめ長財布のポイント
ボッテガヴェネタのトレードマークである「イントレチャート」を採用した長財布です。
ブランドロゴの箔押しやメタルプレートのような強いアクセントはありませんが、イントレチャートの美しさは冠婚葬祭の場に適するほどフォーマルであるのが最大の特徴と言えますね。

種類 かぶせ(二つ折り)
素材 カーフレザー
ブランド名 ボッテガヴェネタ(BOTTEGA VENETA)
amazonで
詳細を見る
61,900円

楽天市場で
詳細を見る
61,900円

世界的ラグジュアリーブランド|プラダ(PRADA)

おすすめ長財布の参考価格:75,900円(税込み)
引用元:prada.com(PRADA)

引用元:rakuten.co.jp(Modernblue Ltd.)

▼ブランドの概要
皆さまご存知『プラダ』は、ラグジュアリーブランドの代名詞と称されるイタリアのブランドです。
高級ブランドで頻繁に目にするサフィアーノレザー(細かい型押しが施されたレザー)は、何を隠そう、プラダの発明品。元・レザー製品店だった時代のこだわりは今だ健在なのです。

▼おすすめ長財布のポイント
プラダ自身が開発したサフィアーノレザーを使用した二つ折り財布です。プラダのメタルロゴも、ラグジュアリーブランドらしい“リッチ”なアクセントとして効いていますね。
細かな型押しによって、実は撥水性や耐久性を向上しているというのは驚きです。

種類 かぶせ(二つ折り)
素材 サフィアーノ・カーフレザー
ブランド名 プラダ(PRADA)
amazonで
詳細を見る
48,800円

公式通販で
詳細を見る
75,900円

楽天市場で
詳細を見る
61,000円

イタリアの至宝|ブルガリ(BVLGARI)

おすすめ長財布の参考価格:122,222円(税込み)
引用元:bulgari.com

引用元:bulgari.com

▼ブランドの概要
『ブルガリ』は、ジュエリーや香水、腕時計でも知られる、イタリアの高級宝飾ブランドです。

▼おすすめ長財布のポイント
ファスナー引手の「ブルガリ・ブルガリ・リング」がアイコニックな長財布です。
シンプルになりすぎない、シボ感のあるブラックレザーも上品でイイ感じ。
引手のアクセサリー感が強めなアイテムではありますので、指輪やネックレスなどのアイテムも大好きなメンズの方にオススメな一品です。

種類 L字ファスナー
素材 グレインカーフレザー
ブランド名 ブルガリ(BVLGARI)
楽天市場で
詳細を見る
122,222円

公式通販で
詳細を見る
75,900円

時代で変わる人々のニーズに応え続ける老舗|dunfill(ダンヒル)

おすすめ長財布の参考価格:69,300円(税込み)
引用元:dunhill.com(Alfred Dunhill, Ltd.)

引用元:dunhill.com(Alfred Dunhill, Ltd.)

▼ブランドの概要
『ダンヒル』とはイギリスの老舗ブランド。馬具メーカーとして開業して以降、オープンカー用のゴーグル、レザーグッズ、メンズスーツ、ネクタイなどなど非常に幅広いジャンルを扱ってきました。タバコや葉巻も扱ったこともあり、いずれも有名な製品として愛されています。

▼おすすめ長財布のポイント
スタンダードなデザインに、メタルプレート(ブランドネーム入り)がアクセントが効いた上品な長財布です。
胸ポケットに収納しやすい薄さも魅力。

種類 かぶせ(二つ折り)
素材 スモールグレインカーフレザー
ブランド名 dunfill(ダンヒル)
amazonで
詳細を見る
38,800円

公式通販で
詳細を見る
69,300円

楽天市場で
詳細を見る
35,800円

目指したのは、英国古来のものづくり|グレンロイヤル(GLENROYAL)

おすすめ長財布の参考価格:51,700円(税込み)
引用元:amazon.co.jp

引用元:amazon.co.jp

▼ブランドの概要
『グレンロイヤル』は1979年に創業した、スコットランドのレザーブランドです。
英国古来のモノづくりを規範とし、数を減らしつつある伝統的な技法を採用するなどしています。

▼おすすめ長財布のポイント
耐久性の高いブライドルレザーを外装と内装に使用した、ブライドルレザーフリークには堪らない長財布です。
レザー素材の表情を消したり隠したりする加工をしなくて済むのも、耐久性のあるブライドルレザーだからこそ。
スイスriri社のファスナーの高級感も、ブライドルレザーに馴染んで丁度イイ感じです。

種類 ラウンドファスナー
素材 ブライドルレザー
ブランド名 グレンロイヤル(GLENROYAL)
amazonで
詳細を見る
46,636円

公式通販で
詳細を見る
51,700円

楽天市場で
詳細を見る
51,700円

大手メーカーでは作れない“面白い財布”を目指す職人魂|クランプ(Cramp)

おすすめ長財布の参考価格:31,900円(税込み)
引用元:ginkawaten.co.jp

引用元:ginkawaten.co.jp

▼ブランドの概要
『クランプ』とは、日本のレザーグッズブランド。一流ブランドのOEMを手掛けてきた職人が、若手育成のために立ち上げたショップ兼工房である「池之端銀革店」が展開しています。

▼おすすめ長財布のポイント
真鍮(しんちゅう)製の金具パーツがアクセントになっている、ブライドルレザーの長財布です。
金具パーツにスナップボタン、小銭入れ口のファスナーなど、装飾品が割と多いにも関わらず、クラシカルな上品さをかもしだす一品に仕上がっています。
多少の擦れや傷も“味”として採り入れてしまう耐久性は、ブライドルレザーだからこそですね。

種類 かぶせ(二つ折り)
素材 ブライドルレザー
ブランド名 クランプ(Cramp)
楽天市場で
詳細を見る
30,800円

公式通販で
詳細を見る
31,900円

行動派ジェントルマンを支える、英国リスペクトな”ものづくり”|ブリティッシュグリーン(BRITISH GREEN)

おすすめ長財布の参考価格:13,200円(税込み)
引用元:amazon.co.jp

引用元:amazon.co.jp

▼ブランドの概要
『ブリティッシュグリーン』は、英国伝統のブライドルレザーやクラシックスタイルを踏襲したアイテムで、“行動派ジェントルマン”をサポートするメンズファッションブランドです。

▼おすすめ長財布のポイント
世界有数の名門タナリー・セドウィック社のブライドルレザーを使用した長財布です。
小銭入れの内装生地に、英国伝統のチェック柄の1つブラックウォッチを採用するなど、ディティールにも英国風へのリスペクトを配置。
ユーザーの要望を受けて、カードスペースを改良したこともあって、カードの出しやすい構造にもこだわりが垣間見えます。

種類 かぶせ(二つ折り)
素材 外装:ブライドルレザー、内装:ヌメ革、ポリエステル
ブランド名 ブリティッシュグリーン(BRITISH GREEN)
amazonで
詳細を見る
13,200円

公式通販で
詳細を見る
13,200円

楽天市場で
詳細を見る
13,200円

素材開発から縫製まで100%メイドインジャパン|エルゴポック(HERGOPOCH)

おすすめ長財布の参考価格:40,700円(税込み)
引用元:hergopoch.com

引用元:hergopoch.com

▼ブランドの概要
『エルゴポック』は、“持つ喜びを感じていただける鞄を届けたい”という想いを胸に2005年に誕生した、日本のバッグブランドです。
特徴はオールメイドインジャパン。素材開発や縫製、金具パーツの製造まで全部日本製という生産体制のもとで、シンプルで洗練された商品を展開しているのです。

▼おすすめ長財布のポイント
オールメイドインジャパンがコンセプトというブランド紹介をしたものの、「ブライドルレザーを使用するなら、100年以上の歴史をもつイギリスのタナリーで生産したものを選ぶべきだ」という、ブランドの葛藤が垣間見える長財布です。
ブランドのこだわり(エゴ)vsユーザーの満足度を天秤にかけた結果、やはり優先すべきはユーザーの「持つ喜び」ということなのでしょう。

種類 ラウンドファスナー
素材 外装:ブライドルレザー、内装:ヌメ革
ブランド名 エルゴポック(HERGOPOCH)
amazonで
詳細を見る
40,700円

公式通販で
詳細を見る
40,700円

楽天市場で
詳細を見る
40,700円

「そうそう、これでイイんだよ。これで」を追及するシンプルイズベスト|イズイット(IS IT)

おすすめ長財布の参考価格:30,800円(税込み)
引用元:isit-japan.com

引用元:isit-japan.com

▼ブランドの概要
『イズイット』は、無駄を削ぎ落したベーシックデザインの中に存在感を求めながら「そう、欲しかったのはコレ!」というアイテムを発信するバッグ&ウォレットブランドです。

▼おすすめ長財布のポイント
スペイン産のブライドルレザーを使用したL字ファスナー財布です。
肉厚かつ堅牢なショルダーをブライドルレザーに加工しているため、ナチュラルな味わいを楽しめるのも魅力の1つですね。

種類 L字ファスナー
素材 ブライドルレザー(スペイン産)
ブランド名 イズイット(IS IT)
楽天市場で
詳細を見る
30,800円

公式通販で
詳細を見る
30,800円

王道(良い素材を、良い腕で、良い製品に)を突き進む|プレリー(PRAIRE)

おすすめ長財布の参考価格:46,200円(税込み)
引用元:shopserve.jp

引用元:shopserve.jp

▼ブランドの概要
『プレリー』は、1957年に創業した日本のバッグメーカーが展開するブランドです。
良い素材を、良い技で、良い製品に。という至極当たり前のことを追求し続け、現在も、素材選びにはこだわりを持っています。

▼おすすめ長財布のポイント
美しいジュエル水染コードバンを使用した長財布です。
ヨーロッパから取り寄せた原皮(革として加工されていない皮)を、日本のタンナーが半年もの歳月をかけて仕上げたレザーを使用しています。流石のこだわりです。
余計な装飾は一切なく、傷やスレさえ”味”として受け入れられる高耐久なコードバンの良さを体感できる一品に仕上がっています。

種類 かぶせ(二つ折り)
素材 ジュエルコードバン
ブランド名 プレリー(PRAIRE)
楽天市場で
詳細を見る
46,200円

公式通販で
詳細を見る
46,200円

宣伝ではなく物の良さで国内外にファンを増やす|ガンゾ(GANZO)

GANZO コードバン 長財布
おすすめ長財布の参考価格:51,700円(税込み)
引用元:rakuten.co.jp

引用元:rakuten.co.jp

▼ブランドの概要
『ガンゾ』は、最高級のレザー製品を手掛ける日本のブランドです。
ブランド自体は2001年に設立された“新顔”ですが、ブランドを支えるメーカーは創業100年を超える老舗中の老舗。サンローランやコムサデモードなど有名ハイブランドのOEMを任される実力の持ち主です。

▼おすすめ長財布のポイント
オールインワンで納めたいというユーザーの声に応えて製作された、長財布です。
札入れは勿論、小銭入れもカードスロットも搭載した上で、スーツの胸ポケットに入れやすい仕上がりになっているのは、革を薄く仕上げる技術力があってこそです。

種類 かぶせ(二つ折り)
素材 コードバン
ブランド名 ガンゾ(GANZO)
GANZO コードバン 長財布』は、こちらの通販サイトで購入できます。

楽天市場で
詳細を見る
51,700円

公式通販で
詳細を見る
51,700円

最高峰のリーズナブル|ギオネ(GUIONNET)

おすすめ長財布の参考価格:28,000円(税込み)
引用元:u-collection.com

引用元:u-collection.com

▼ブランドの概要
『ギオネ』は、時計やバッグ、靴、財布といった紳士グッズを展開するブランドです。いわゆるS級ではないのですが、リーズナブルな価格でA級クラスの商品を手にできるため非常に高い人気を誇り、時計部門ではロレックスやオメガを上回ったことさえあるぐらいです。

▼おすすめ長財布のポイント
日本の名門タンナー「宮内産業」のコードバンを使用した長財布です。

種類 ラウンドファスナー
素材 コードバン
ブランド名 ギオネ(GUIONNET)
amazonで
詳細を見る
30,000円

公式通販で
詳細を見る
28,000円

楽天市場で
詳細を見る
28,000円

レザーグッズにモダン×遊び心の要素を日本古来の技で|フジタカ・アクセサリーズ(FUJITAKA ACCESSORIES)

おすすめ長財布の参考価格:82,500円(税込み)
引用元:fujitaka-japan.com

引用元:fujitaka-japan.com

▼ブランドの概要
『フジタカ・アクセサリーズ』は、1941年創業の老舗バッグ総合カンパニー「イケテイ」が運営するブランドです。
日本古来より受け継がれてきた技法を採り入れ、モダンで遊び心のあるグッズを発信しています。

▼おすすめ長財布のポイント
ユーザーに使い込んでもらえるほど光沢を増すコードバンを使用した長財布です。より「育てている感」を体感してもらえるようにと、一般的なコードバンとは異なり、“購入時はそれほど光沢感がない”のが特徴です。
ファスナー引手の先端にアクセントで金具装飾を追加しているなど、いわゆる「コードバン素材の良さを前面に押し出したスタンダードデザイン」から絶妙にハズした仕上がりになっていますよ。

種類 ラウンドファスナー
素材 コードバン
ブランド名 フジタカ・アクセサリーズ(FUJITAKA ACCESSORIES)
amazonで
詳細を見る
82,500円

公式通販で
詳細を見る
82,500円

楽天市場で
詳細を見る
82,500円

ライフスタイルに寄り添うツールを定期価格で|P.I.D

おすすめ長財布の参考価格:29,700円(税込み)
引用元:loward-store.com

引用元:loward-store.com

▼ブランドの概要
『P.I.D』とは、1947年創業の老舗バッグメーカーが運営するプライベートブランドです。
素材やデザインコンセプトに応じて様々なシリーズを展開しています。今回紹介する長財布もその中の1つ「ヴァスト」と呼ばれるシリーズです。

▼おすすめ長財布のポイント
フランス産の原皮(レザーになる前の皮)を日本国内で美しく仕上げたコードバンを使用した長財布です。
カードポケットの底に指先大の穴があり、そこに触れることでカードを取り出しやすい工夫がなされています。細かい部分ですが便利です。

種類 かぶせ(二つ折り)
素材 コードバン
ブランド名 P.I.D
amazonで
詳細を見る
29,700円

公式通販で
詳細を見る
29,700円

創業78年!! クロコダイルレザー専門ブランド|池田工芸

池田工芸 ラウンドウォレット ゴールドパイソンモデル
おすすめ長財布の参考価格:154,000円(税込み)
引用元:ikedakohgei.jp(池田工芸)

引用元:ikedakohgei.jp(池田工芸)

▼ブランドの概要
『池田工芸』は、日本国内最大級のクロコダイルレザー専門ブランドです。
創業してから78年間、昔ながらの加工方法や完全オリジナルの金具製作など、クロコダイルを美しく見せるためのノウハウを積み上げてきました。
宝石のように美しく、そして、“ふっくら”とした立体感を与えるグレージング(磨き加工)は、多くのクロコマニアを虜にしています。

▼おすすめ長財布のポイント
大手メゾンに匹敵するクオリティのスモールクロコダイル(ポロサス)を使用した長財布です。宝石のように磨いたクロコレザーだけでも贅沢なのですが、更に満足して頂きたいという想いにより、内装にゴールドパイソンを採用。
非常に満足感の高い一品に仕上がっています。

種類 ラウンドファスナー
素材 外装:クロコダイル(グレージング加工)、内装:カウレザー、ゴールド箔仕上げパイソンレザー
ブランド名 池田工芸
池田工芸 ラウンドウォレット ゴールドパイソンモデル』は、こちらの通販サイトで購入できます。

公式通販で
詳細を見る
154,000円

楽天市場で
詳細を見る
154,000円

薄さ0.4mmの牛革とクロコレザーを貼り合わせる職人技|ファーロ(falo)

おすすめ長財布の参考価格:176,000円(税込み)
引用元:briefing-usa.com

引用元:briefing-usa.com

▼ブランドの概要
1965年に創業した『ファーロ』は、機能とミニマムを融合させた“ものづくり”を追及する日本のブランドです。
繊維方向の違う2枚の極薄レザーを貼り合わせる「ベタ張り」を始めとした職人技を用いて、世界に誇れる「用の美」を生み出し続けています。

▼おすすめ長財布のポイント
ベタ貼りで、牛革とクロコダイルレザーを1枚にしたレザーを採用している長財布です。
外装のクロコダイルレザーは、美光沢を放つマット仕上げ。宝石のようなグレージング仕上げとは、また違った上品さとシブさのある高級感が特徴です。

種類 かぶせ(二つ折り)
素材 クロコダイルレザー×カーフレザー
ブランド名 ファーロ(falo)
楽天市場で
詳細を見る
220,000円

公式通販で
詳細を見る
176,000円

真心をもって、高品質を低価格で提供する|三京商会

おすすめ長財布の参考価格:44,935円(税込み)
引用元:the-sankyo.com

引用元:rakuten.co.jp

▼ブランドの概要
『三京商会』とは、毛皮製品からエキゾチックレザー製品まで広く手掛ける日本の株式会社です。
卸売業としてのノウハウを活かし、非常にリーズナブルな価格帯で商品を購入できるのが特徴です。

▼おすすめ長財布のポイント
フランスで鞣(なめ)したクロコダイルレザーを使用した長財布です。
小銭入れのファスナーを外した構造を採用しており、小銭の出し入れ、小銭の確認がスムーズにできる特徴があります。

種類 L字ファスナー
素材 ナイルクロコダイル(ハイシャイン加工)
ブランド名 三京商会
楽天市場で
詳細を見る
47,300円

公式通販で
詳細を見る
44,935円

paypayで
詳細を見る
47,300円

岩のように荒々しいワイルドなアイテムに仕上げる|ゴダン(GODANE)

おすすめ長財布の参考価格:22,000円(税込み)
引用元:amazon.co.jp

引用元:amazon.co.jp

▼ブランドの概要
『ゴダン』とは、レザーグッズの総合カンパニー「スペース」が展開するブランドです。

▼おすすめ長財布のポイント
石のようなワイルドな素材感が特徴のカイマンワニレザーを使用した長財布です。
宝石のようなグレージングクロコとは、ガラっと印象の違う荒々しい味わいをお探しの方は是非、どうぞ。

1つ注意点として、カイマンワニはクロコダイルではないので(商品名はカイマンクロコとありますが)、クオリティや素材感とは別軸で「クロコ財布をお探しの方」はお気を付けくださいませ。

種類 ラウンドファスナー
素材 カイマンレザー(石ワニレザー)
ブランド名 ゴダン(GODANE)
amazonで
詳細を見る
21,855円

楽天市場で
詳細を見る
22,000円

yahoo店で
詳細を見る
22,000円

エキゾチックレザーをリーズナブルな価格で|東京クロコダイル

東京クロコダイル スモールクロコダイルシャイニングプレミアメイドラウンドファスナードミナンテ
おすすめ長財布の参考価格:151,800円(税込み)
引用元:tokyocrocodile.com

引用元:tokyocrocodile.com

▼ブランドの概要
『東京クロコダイル』は、ワニ革やヘビ革、ダチョウ革を使用した「エキゾチックレザーグッズ」を手掛ける日本のブランドです。
原皮(レザーになる前の皮)の輸入から、製造・販売までを一元管理することでコストをカット。価格帯を下げることに成功しています。

▼おすすめ長財布のポイント
スモールクロコダイルレザーを使用した長財布です。
「センター1枚取り」と呼ばれる、「1枚のレザーから取れる素材量が減るのでメーカーとしては本当はやりたくないけど、見栄えが良くなる方法」を採用した、贅沢な一品です。

種類 ラウンドファスナー
素材 クロコダイル(シャイニング
ブランド名 東京クロコダイル
東京クロコダイル スモールクロコダイルシャイニングプレミアメイドラウンドファスナードミナンテ』は、こちらの通販サイトで購入できます。

楽天市場で
詳細を見る
151,800円

公式通販で
詳細を見る
151,800円

海外の良い物・悪い物を見極めてきたノウハウを存分に投入!!|ゾンネ(SONNE)

おすすめ長財布の参考価格:12,100円(税込み)
引用元:sonne.jp

引用元:sonne.jp

▼ブランドの概要
『ゾンネ』は、日本国内最大手のファッションインポーター「ウエニ貿易」が運営するブランドです。
長く海外の良品を目利してきたノウハウや資金態勢が存分に活かされ、価格帯としてミドルクラスではありますが、非常に質が高いという特徴があります。

▼おすすめ長財布のポイント
兵庫県のタンナーと共同開発したオリジナルレザー「チップスター」を使用した長財布です。
細かに光を反射するチップを集めたかのような見た目から、チップスターと名付けられたレザーの素材感はなんとも独特。合成繊維?と思いきや、型押しを施した天然皮革(牛革)なのです。

種類 ラウンドファスナー
素材 カウレザー
ブランド名 ゾンネ(SONNE)
amazonで
詳細を見る
12,100円

公式通販で
詳細を見る
12,100円

楽天市場で
詳細を見る
12,100円

ランドセル作りから始まったハンドメイドブランド|土屋鞄製造所

おすすめ長財布の参考価格:34,650円(税込み)
引用元:tsuchiya-kaban.jp

引用元:tsuchiya-kaban.jp

▼ブランドの概要
土屋鞄製造所が誕生したのは1965年のこと。最初に扱ったプロダクトは、ご存知の方も多いでしょう、ランドセルです。
ランドセル作りで培われた、長く使える丈夫さと、シンプルで品のある雰囲気は、財布を始めとした他の商品にも活かされています。

▼おすすめ長財布のポイント
たくさん入って、ファスナーの開閉作業も楽な、L字ファスナー長財布です。
しなやかで耐久性もあるバッファローレザーのシボ感は、経年変化も楽しむことも可能。
スマートさ、フォーマルさと共に、素材感を楽しむことも出来る一品に仕上がっています。

種類 L字ファスナー
素材 バッファローレザー
ブランド名 土屋鞄製造所
公式通販で
詳細を見る
34,650円

手を伸ばせば届くラグジュアリー|コーチ(COACH)

COACH ジプラウンドウォレット
おすすめ長財布の参考価格:44,000円(税込み)
引用元:coach.com(HANESBRANDS, INC.)

引用元:coach.com(HANESBRANDS, INC.)

▼ブランドの概要
『コーチ』は、NYマンハッタンで誕生したファッションブランドです。ラグジュアリーブランドの中でも、比較的「手が届く価格帯」に設定されていることから、幅広い年齢層に人気があります。

▼おすすめ長財布のポイント
コーチグッズとしては定番のブランドイニシャル「C」をエンボスしたウォレットです。ファスナーもブラックメッキ系を選ぶことで、落ち着きのある大人らしいラグジュアリー感を表現していますね。

種類 ラウンドファスナー
素材 ウォーター・バッファローレザー
ブランド名 コーチ(COACH)
COACH ジプラウンドウォレット』は、こちらの通販サイトで購入できます。

公式通販で
詳細を見る
44,000円

ZOZOで
詳細を見る
44,000円

デザイン・機能・コスパの三拍子が揃う|アニアリ(aniary)

aniary 長財布 ラウンドL
おすすめ長財布の参考価格:29,700円(税込み)
引用元:aniary.com(PLUME CO., LTD.)

引用元:aniary.com(PLUME CO., LTD.)

▼ブランドの概要
『アニアリ』は、「An Ideal And Reality(理想と現実)」という一文にブランドネームの由来を持つ日本のブランド。高品質な純国産クオリティをリーズナブルな価格で手にすることが出来るのが大きな魅力です。

▼おすすめ長財布のポイント
柔軟性と弾力性がある、キメ細かなレザーを使用した長財布です。
アンティーク調の風合いは、4回に分けて行われるオイルド加工と手作業によるムラ染によるもの。
3万円をきる価格からは想像できないほど、手間暇がかけられているのです。

種類 ラウンドファスナー
素材 カウレザー(ステア:成牛)
ブランド名 アニアリ(aniary)
aniary 長財布 ラウンドL』は、こちらの通販サイトで購入できます。

amazonで
詳細を見る
29,700円

公式通販で
詳細を見る
29,700円

楽天市場で
詳細を見る
29,700円

フランス・パリから来た、上品×リーズナブルなブランド|アニエスベー(agnes b.)

おすすめ長財布の参考価格:23,100円(税込み)
引用元:agnesb.co.jp

引用元:agnesb.co.jp

▼ブランドの概要
『アニエスベー』は1975年に設立された、フランスのファッションブランドです。80年代後半から90年前半にかけて世界中で大流行を巻き起こし、現在は“手を出しやすい定番ブランド”として認知されています。

▼おすすめ長財布のポイント
シンプルだけど印象に残るという、アニエスベーらしいデザインの長財布です。斜めに走るラインとメタルプレートが実に特徴的ですね。
細かな型押しを施したレザーなので、キズが目立ちにくいという実用性も嬉しい一品に仕上がっていますよ。

種類 ラウンドファスナー
素材 カウレザー(型押し)
ブランド名 アニエスベー(agnes b.)
楽天市場で
詳細を見る
29,480円

公式通販で
詳細を見る
23,100円

ZOZOで
詳細を見る
23,100円

摩擦に強いコーデュラ®ポリエステル生地の長財布|ポーター(PORTER)

おすすめ長財布の参考価格:11,000円(税込み)
引用元:yoshidakaban.com

引用元:yoshidakaban.com

▼ブランドの概要
『ポーター』は、日本の鞄メーカー・株式会社吉田(愛称:吉田カバン)が展開するブランドです。
「日本の鞄職人を絶やさない」という創設者の想いは今も紡がれ、日本国内の様々な工場・工房と提携して日本のものづくりを続けています。そのため、実は吉田カバン自体は自社工場を持っていなかったりします。

▼おすすめ長財布のポイント
軽量性と摩擦強度に優れたコーデュラ®ポリエステル生地を使用した長財布です。
全体的にカジュアルな素材感でありながら、小銭入れの引手にレザーを採用するなど、大人らしいガジェット感はバッチリ。
ガシガシ財布を使いたい方に向けて、レザー以外の選択肢としてどうぞ。

種類 かぶせ(二つ折り)
素材 外装:コーデュラ®ポリエステルリップストップ(ウレタンコーディング/PVC加工)、内装:ナイロンオックス(ウレタンコーティング)
ブランド名 ポーター(PORTER)
amazonで
詳細を見る
11,000円

公式通販で
詳細を見る
11,000円

楽天市場で
詳細を見る
11,000円

現代ファンタジー|ベルルッティ(BERLUTI)

おすすめ長財布の参考価格:137,500円(税込み)
引用元:berluti.com

引用元:berluti.com

▼ブランドの概要
フランスのブランド『ベルルッティ』は、道具というより芸術品を仕立て続けるフランスのブランドです。「ベルルッティのファンは、シャンパンで革靴を磨く」という話もあり、ブランドの存在自体が片足をファンタジーに突っ込んでいる感じがあります。世界で一番変幻自在な職人技術を持つことでも有名ですね。

▼おすすめ長財布のポイント
パティーヌ(手作業での色付け)やカリグラフィー(彫り込み装飾)といったベルルッティらしさを存分に注ぎ込んだ長財布です。
あまりの謎過ぎて「実はただの上質なレザーなのでは?」と噂されることもある、ベルルッティだけが使用を許可されたヴェネツィアレザーも勿論採用されていますよ。

種類 かぶせ(二つ折り)
素材 ヴェネチアンレザー
ブランド名 ベルルッティ(BERLUTI)
公式通販で
詳細を見る
137,500円

あとがき

以上、長財布のメリット・デメリットから、おすすめ人気長財布まで解説・紹介してきました。
参考になりましたでしょうか?

頼りになる長財布の「収納力」と「貫禄」「素材感」を活かして、皆さんの日々の生活がより豊かなものになれば幸いです。

『紳士のシャツ』編集部の大山がお送りしました。
ではでは。