「オリヒカ」って、どんなブランド?

ノーアイロンのシャツが安く買えるって本当?

生地の肌触りが気持ちいいって評判だけど・・・




こんにちは。
毎日着るシャツはお手入れ簡単なものが嬉しい、「紳士のシャツ」を運営する永野です。

永野永野

シャツのアイロンがけ、慣れてきても1枚15分くらいかかってしまいますよね。時短のためにクリーニングをお願いするのもいいですが、出すのも取りに行くのも面倒・・・そんな日もあります。そういうときに嬉しいのが、「ノーアイロンシャツ」です!


皆さんは「ORIHICA(オリヒカ)」というブランドをご存知でしょうか?

大手紳士服量販店のAOKI(アオキ)が運営するブランドで、今回ご紹介するシャツや、スーツ、ネクタイなど、ビジネスシーンで身に着けるアイテムを網羅的に扱っています。

そのすべてが手の届きやすい価格帯で展開されているので、スーツ周りはリーズナブルに抑えたい、という方におすすめのブランドです。

レディースもビジネスからオフィスカジュアルまで様々なアイテムが見つけられますよ。


ということで、「オリヒカ」の魅力をさらに深くお伝えするため、こちらの記事では「オリヒカ」のシャツの特徴や魅力、選び方、オススメの人気アイテムに至るまで、すべての情報をまとめてみました。

  • 「オリヒカ」がどんなブランドか知りたい
  • 他のブランドとどんな違いがあるんだろう?
  • 「オリヒカ」のシャツのオススメはどれ?

そんな疑問を持つ方がいれば、きっとお役に立てるはず!

それでは、まいります!


シャツマニアの永野が紹介する人気のオススメシャツをすぐに知りたい人は、こちらからどうぞ。



「オリヒカ」の特徴と魅力

ORIHICAさん(@orihica_official)がシェアした投稿



「オリヒカ」といえば、やはり「スーパーノンアイロンシャツ」を探している方が多いのではないでしょうか?

「お手入れが楽」と人気の高い形態安定加工のシャツ。

「オリヒカ」のシャツはそのなかでも、洗濯のあとにまったくアイロンがけが要らない「スーパーノンアイロンシャツ」を謳っています。

アイロンがけが不要なシャツは、デザイン性や素材感をないがしろにしていそう・・・という印象のある方もいるかもしれませんね。

ですが、「オリヒカ」のノンアイロンシャツは、柔らかな肌触りを実現した国産の生地が使われています。

有名な繊維産業地である北陸地方で生産されているものですので、安心ですね。

また、デザインのバリエーションが多いのも、「オリヒカ」のノンアイロンシャツが人気な理由。

着たときの印象が違うシャツを揃えることもできるので、毎日の着まわしが楽しくなりますよ。



永野永野

ポリエステルの生地ですが、見た目も肌触りも綿のシャツと遜色ない、という口コミも多く見られました!

それでは、順に説明していきますね。

ブランドの顔「スーパーノンアイロンシャツ」

ORIHICAさん(@orihica_official)がシェアした投稿

「オリヒカ」でもっとも人気の高い、「スーパーノンアイロンシャツ」。

多くの人が「アイロンがけ不要」と聞いて思い浮かべる形態安定シャツとは一体何が違うのか、気になりますよね。

形態安定シャツは洗濯後に脱水をしないかごく短く脱水し、濡れ干しすることでシワを伸ばしながら乾かすことができます。

ただ、それでも多少のシワが残ることがあり、軽く中温でアイロンを当てて着るのがおすすめ。

もちろん簡単にアイロンをかけるだけでいいので、負担はぐっと減ります。

それに対して、ノンアイロンシャツはアイロンがけが一切不要です。

洗濯して干すだけで、アイロンをかけなくてもシワのない状態で乾き、そのままシャツを着用できるのです。

「オリヒカ」の「スーパーノンアイロンシャツ」は、洗濯後の形態安定性を示す試験「4.0級」という判定を受けているそう。

形態安定性があると保証されるのは3.2級からですので、「スーパーノンアイロンシャツ」の形態安定性の高さは折り紙付きです。

そんなお手入れが簡単すぎる「スーパーノンアイロンシャツ」、価格は1枚あたり4,900円とリーズナブル。

まとめ買いをするとさらにお安くなり、3枚で12,900円、5枚で19,900円と、1枚あたり1,000円近く割引されますよ。

永野永野

アイロンがけをする暇も、買い物に行く暇もない方にはとっても便利。お子様のいるご家庭では、奥様の負担も減って一石二鳥かもしれませんね。

国内有数の繊維産業地、北陸の生地


「オリヒカ」の「スーパーノンアイロンシャツ」は、国内有数の繊維産地である福井県や富山県で生産された国産の生地が使われています。

「トリコット」と呼ばれる経編み(たてあみ)の生地で、なめらかで柔らかい肌触りが特徴。

また、細やかな編み目によるドレッシーな風合いも感じられるこだわりの生地です。

「トリコット」はニットと布帛(ふはく)の特徴をあわせ持つ素材で、ストレッチ性と通気性に優れており、ふんわりとした快適な着用感が体感できるそう。

洗濯してもへたれにくい、というのも嬉しいですね。

ノンアイロンシャツの豊富なデザイン

ORIHICAさん(@orihica_official)がシェアした投稿

本当にアイロンがけが不要なノンアイロンシャツの場合、デザインがイマイチ・・・と感じることもあると思います。

ノンアイロンシャツは、機能性は高くても、デザイン性が置き去りにされていることが多いですよね。

ですが、「オリヒカ」の「スーパーノンアイロンシャツ」はデザインのバリエーションが豊富。

約50パターンのデザインがあるため、まとめ買いしてもデザインがかぶってしまうことが少なそうです。

着回しが楽しめるのも、「オリヒカ」の「スーパーノンアイロンシャツ」の人気の秘密かもしれませんね。

「オリヒカ」のおすすめ人気シャツ5選

「オリヒカ」の魅力を存分に伝えたところで、ここからは永野が「オリヒカ」のおすすめ人気シャツを紹介していきますね。

永野永野

「ノンアイロン」にしては珍しい5つの人気シャツを選んでみました!5着まとめて買っても20,000円以内で手に入りますよ!

※価格は2018年8月現在のものを掲載しています。


1.スーパーノンアイロン 消臭芯地 白ドゥエBDシャツ 織柄ストライプ 切替黒

見た目は通常のドレスシャツなので、スーツにも違和感なく合わせられます。
台襟裏やカフス裏には別生地が使われており、ノータイ時のアクセントになるとともに、裏側の汚れも目立ちにくい一石二鳥のデザイン。
モノトーンにまとめた配色で、モダンな雰囲気に仕上がっています。

襟型 ドゥエボットーニ / ボタンダウンカラー
素材 ポリエステル100%
価格 4.900円(税抜)
おすすめシーン ビジネス、カジュアル

2.スーパーノンアイロン 消臭芯地 ブルーワイドカラーシャツ 市松柄

市松の柄が特徴的なサックスブルーのシャツ。
編まれた凹凸により、通気性がよりよくなっています。
スタンダードなワイドカラーの襟型です。

襟型 セミワイドカラー
素材 ポリエステル100%
価格 4,900円(税抜)
おすすめシーン ビジネス、カジュアル

3.スーパーノンアイロン ドゥエボタンダウンシャツ ブルーチェック

優しい色味の、ドゥエボットーニボタンダウンシャツ。
細かなチェック柄が、どこか角の取れた穏やかな印象を与えてくれます。
ストレッチの効いた素材ですので、営業職の方にオススメ。

襟型 ドゥエボットーニ / ボタンダウンカラー
素材 ポリエステル100%
価格 4,900円(税抜)
おすすめシーン ビジネス、カジュアル

4.スーパーノンアイロン 消臭芯地 ドゥエボタンダウンシャツ ブルーストライプ

繊細なブルーストライプがさわやかなボタンダウンシャツ。
第一ボタンが二つあるドゥエボットーニカラーの場合、ボタンの色が違うとデザインのアクセントになりますね。

襟型 ドゥエボットーニ / ボタンダウンカラー
素材 ポリエステル100%
価格 4,900円(税抜)
おすすめシーン ビジネス、カジュアル

5.スーパーノンアイロン 消臭芯地 紺ボタンダウンシャツ 飛び柄クレリック

細かなドットのような飛び柄に遊び心を感じるボタンダウンシャツ。
クレリックカラーなので、顔回りが明るく華やかになります。
ジャケットスタイルのアクセントとしても楽しめそうですね。

襟型 ボタンダウンカラー
素材 ポリエステル100%
価格 4,900円(税抜)
おすすめシーン ビジネス、カジュアル

あとがき

「オリヒカ」の魅力、伝わりましたか?
最後にもう一度確認してみましょう。



お手入れの時間を大幅に短縮できる「スーパーノンアイロンシャツ」。

お手頃価格なので、まずは3着まとめ買いをして、試してみるのもいいかもしれませんね!