「ブルックスブラザーズ」って、どんなブランド?

ボタンダウンのシャツを初めて出したって本当?

カジュアルシャツだけじゃなくて、ドレスシャツもあるの?




こんにちは。
良いシャツを長く着る、という響きに憧れている、「紳士のシャツ」を運営する永野です。


永野永野

今回紹介する「ブルックスブラザーズ」は、実は1818年創業の超老舗なんですよ~。アメリカントラディショナルの金字塔を打ち立てたブランドです!




皆さんは「Brooks Brothers(ブルックスブラザーズ)」というシャツのブランドをご存知でしょうか?


「ブルックスブラザーズ」は、1818年にアメリカのニューヨークで生まれました。

200年の歴史を持つ、アメリカトラディショナルスタイルの定番ブランドで、ラルフローレンなどと並ぶ人気を誇ります。


米国の歴代大統領やハリウッドセレブ、といった目の肥えた著名な愛用者も多く、まさしく米国発祥ファッションブランドの名門!

ボタンダウンカラーを初めて世に出したブランドでもあるんですよ。



ということで、「ブルックスブラザーズ」の魅力をさらに深くお伝えするため、こちらの記事では「ブルックスブラザーズ」の特徴や魅力、選び方、オススメの人気アイテムに至るまで、すべての情報をまとめてみました。

  • 「ブルックスブラザーズ」がどんなブランドか知りたい
  • 他のブランドとどんな違いがあるんだろう?
  • 「ブルックスブラザーズ」のシャツのオススメはどれ?



そんな疑問を持つ方がいれば、きっとお役に立てるはず!

それでは、まいります!



シャツマニアの永野が紹介する人気のオススメシャツをすぐに知りたい人は、こちらからどうぞ。



「ブルックスブラザーズ」の特徴と魅力

1818年創業のため、「ブルックスブラザーズ」は2018年現在、ちょうど200周年を迎えます!

これほど長い歴史を持つファッションブランドはあまり見かけませんよね。


その長い歴史の中で、「ブルックスブラザーズ」がアメリカの正統派なスタイルの伝統の礎を築いたといっても過言ではありません。

アメリカのファッション史に深くその名を刻んだブランドなんですよ。



また「ブルックスブラザーズ」の功績としては、1845年にアメリカで初めて既製スーツを販売したことが挙げられます。

それだけでなく、1896年には世界で初めてボタンダウンシャツを開発し売り出したブランドでもあるのです。

今やすっかり定番となったボタンダウンの襟型は、「ブルックスブラザーズ」が生みの親なんですね。



そして伝統にとらわれず、新たな挑戦をいち早く始めるのも「ブルックスブラザーズ」です。

60年以上前の1953年から、すでにノーアイロンシャツの開発に乗り出しています。

今では綿100%のシャツでもノーアイロンのものが多く、そのクオリティにも定評があるんですよ。





永野永野

200年の歴史の中で、たくさんの挑戦をしてきたブランドなんですね。信頼とブランド力を積み重ね、いまでは「ブルックスブラザーズ」というブランドに憧れている人も多いはず。

それでは、順に説明していきますね。

1818年から200年続く、米国老舗中の老舗

1818年にヘンリー・サンズ・ブルックスによって設立された、非常に歴史の長いブランド。

何度も強調しますが、2018年で200周年を迎える偉大なブランドです。


イギリス生まれの伝統的なスタイルをアメリカに持ち込み、アメリカントラディショナルスタイル(アメトラ)を確立させ、アメリカファッション史に名を刻みました。


アメリカントラディショナルとは、ブリティッシュトラディショナルと対比して使われる言葉。

比べると、貴族文化が浸透しなかったアメリカのほうが少しカジュアルな雰囲気を感じさせます。

オックスフォード地などを用いたシャツが代表的ですね。


そして「ブルックスブラザーズ」は、米国内だけでなく、世界中にアメリカントラディショナルを普及させたブランドなのです。

伝統を重んじつつも「ボタンダウンシャツ」「ノーアイロンシャツ」など革新的な製品を生み出してきた、常に業界をリードする先駆者的な存在でもあります。


その伝統を守るだけでなく、新たに挑戦していく意志がアメリカの風土にあっているのでしょうか、歴代の米大統領やハリウッドスターにも愛されてきました。

「人民の、人民による、人民のための統治」という演説で有名なエイブラハム・リンカーンも「ブルックスブラザーズ」のアイテムを愛用していたそうですよ。

ボタンダウンカラー発祥のブランド

ボタンダウンカラーの生みの親が「ブルックスブラザーズ」だということはご存知でしたでしょうか?


発想は、ポロ競技を観戦しているときに得たものだそう。

ポロは馬上で激しく動き回る競技のため、襟が風にはためくと邪魔になるという理由から、プレイヤーは自分でシャツの襟先をボタンで留めていたのです。

↓こちらがポロ競技の様子↓



それをみた当時の当主は、さっそく自分の店のシャツの襟に穴をあけて身頃にボタンを取り付け、試作品を作りました。

他の経営陣は、英国で買い付けた高級生地のシャツに急に穴を開けだした当主に驚き、強く反対したそうです。

それを押し切って販売したシャツは大ヒットし、1920年代頃までにはブルックスブラザーズのボタンダウンは、「アメリカのエリート紳士達が身に付ける服」としてすっかり定着しました。


現在では、「ボタンダウンカラー」は襟型の定番のひとつとして、世界中に広く普及しています。

新しいスタンダードを作り出した「ブルックスブラザーズ」は、業界でも一目置かれた存在なんですよ。

ノーアイロンシャツの先駆者

「ブルックスブラザーズ」が、ノーアイロンで着られるシャツの開発を始めたのは1953年。

今から60年以上も前のことになるのですから、その歴史の長さに驚きますよね。


そこから、多くの消費者の声と正面から向き合ってきた「ブルックスブラザーズ」。

顧客からの要望には「綿100%のノーアイロンシャツを作ってほしい」というものが多かったそう。

そこで綿素材として高級なアメリカンスーピマコットンが使われたノーアイロンシャツを開発し、薄手で清涼感のある着心地とお手入れの手軽さを両立させるアイテムを生み出したのです。


長い時間をノーアイロンシャツの研究開発に費やしてきたぶん、その品質は折り紙付き。

大切に着用していれば2~3年は余裕でノーアイロン加工がもちます、という購入者からの声も寄せられていました。



他のブランドがノーアイロンシャツの開発に乗り出したころには、すでに自社のノーアイロンの技術を確立させていた「ブルックスブラザーズ」。

伝統を守りながらも新しい挑戦の姿勢をとり続けたことが、200年もブランドを続けられる理由なのかもしれません。

「ブルックスブラザーズ」のおすすめ人気シャツ10選

「ブルックスブラザーズ」の魅力を存分に伝えたところで、ここからは永野が「ブルックスブラザーズ」のおすすめ人気シャツを紹介していきますね。

「ブルックスブラザーズ」はドレスシャツもカジュアルシャツ(ブランドではスポーツシャツと言っています)も魅力的なので、それぞれピックアップしていきますよ!


永野永野

ドレスシャツもカジュアルシャツも、襟のロール感が美しいのが「ブルックスブラザーズ」の特徴。肌触りのよさもピカイチですよ!

※価格は2018年7月現在のものを掲載しています。


米伝統ドレスシャツ5選

1.ノンアイロン ピンポイントオックスフォード ポロカラーシャツ

まずは定番、ホワイトのオックスフォードポロカラーシャツ。
「ブルックスブラザーズ」ではその発祥にちなんで、ボタンダウンを「ポロカラー」と呼びます。
スーピマコットンを使用した、綿100%のノーアイロンシャツです。

襟型 ボタンダウンカラー
素材 綿100%
価格 13,000円(税抜)

2.ラグジュアリー ノンアイロン ロイヤルオックスフォード ドレスシャツ

こちらはワンランク上のロイヤルオックスフォード地のシャツ。
ピンオックスよりもさらに細番手の糸を使っているため、生地がきめ細かいのが特徴。
柔らかさや光沢感が増して、クラス感のあるシャツなので、パーティシーンでの着用もおすすめです。

襟型 ボタンダウン
素材 綿100%
価格 16,000円(税抜)

3.ノンアイロン ストレッチ ピンポイントオックスフォード ドレスシャツ

爽やかなブルーのピンポイントオックスフォードシャツ。
こちらのシャツは生地にストレッチが効いているため、細身の仕上がりです。
スタイリッシュに、でも着心地よくシャツを着用したい方におすすめ。

襟型 セミワイドカラー
素材 綿97%、ポリウレタン3%
価格 13,000円(税抜)

4.ノンアイロン ブルックスクール フレームストライプ ショートスリーブ ドレスシャツ

こちらは、夏にオススメのライトウェイトオックスフォードを使用したブルックスクールシャツ。
他のシャツよりもより吸湿性、通気性に優れているので、暑いなかでも快適に着られます。
クールビズの期間に、是非検討してみてくださいね。

襟型 ボタンダウンカラー
素材 綿100%
価格 12,000円(税抜)

5.【200周年記念商品】ノンアイロン ディタッチャブルカラー ドレスシャツ

こちらは少々変わり種(?)のシャツになります。
なんと、襟が付け替えられ、3種類の表情を楽しめるのです!
ということは、実質1/3の価格ということでしょうか・・・(笑)
200周年記念のモデルになりますので、ファンの方は是非購入してみては?

襟型 レギュラー / セミワイド / ラウンドカラー
素材 綿100%
価格 33,000円(税抜)

アメリカの風を感じるスポーツシャツ5選

1.Red Fleece GF スーピマコットン オックスフォード マルチプラッド ショートスリーブ スポーツシャツ

ガーメントウォッシュ(製品洗い)を施したヴィンテージ風の味のある仕上がりのシャツ。
柔らかな生地感が特徴で、グレーのオックスフォード地にブルーとレッドを基調としたマルチプラッド柄で落ち着いた印象に仕上がっています。
左胸には1980年代のアーカイブから採用したGF(ゴールデン フリース)マーク付きだそう。

襟型 ボタンダウンカラー
素材 綿100%
価格 10,000円(税抜)

2.Red Fleece コットンツイル インディゴ ラージプラッド スポーツシャツ

柔らかなコットンツイル地のスポーツシャツ。
インディゴ染めの糸を用いた独特の色褪せ感が抜け感を出していますね。
前立ての部分もしっかり柄を合わせているところに、仕立ての良さを感じられます。

襟型 ボタンダウンカラー
素材 綿100%
価格 12,000円(税抜)

3.Red Fleece GF コットンブロード ギンガムチェック スポーツシャツ

コットンブロード地のスポーツシャツ。
落ち着いた色合いのギンガムチェック柄で、左胸のGF(ゴールデンフリース)マークは1980年代のアーカイブから採ったそう。
これくらいの落ち着いた柄であれば、タイドアップスタイルも楽しめそうですね。

襟型 ボタンダウンカラー
素材 綿100%
価格 11,000円(税抜)

4.◆オンラインショップ限定◆コットン GF インディゴ オックスフォード スポーツシャツ

オンラインショップ限定販売のイタリアAlbiate社のオックスフォード地を使用したスポーツシャツ。
インディゴ染め独特の色褪せ感と柔らかさが特徴でムラ感があり、ヴィンテージ風の味のある仕上がりです。
インディゴのシャツはなんといってもコーディネートのしやすさが嬉しいですよね。

襟型 ボタンダウンカラー
素材 綿100%
価格 18,000円(税抜)

5.Red Fleece GF コットンポプリン ラージプラッド ショートスリーブ スポーツシャツ

洗いざらしの加工を施し、味のある仕上がりの柔らかな生地感が特徴のシャツ。
ブルーやレッドを基調としたラージプラッド柄は、米国の自由で溌溂とした雰囲気を感じます。
コーディネートの主役になる1枚ですね。

襟型 ボタンダウンカラー
素材 綿100%
価格 10,000円(税抜)

あとがき

「ブルックスブラザーズ」の魅力、伝わりましたか?
最後にもう一度確認してみましょう。

伝統と挑戦を重んじる「ブルックスブラザーズ」の姿勢を見習いたいなと思う、永野でした。
高級感のある実店舗も素敵ですので、是非足を運んでみてくださいね!