「革靴」といえば、“スーツの相棒”もしくは“仕事靴”としてビジネスシーンで活躍するイメージが強いですよね。

でも実は、革靴も、スニーカーと同じようにカジュアルスタイルの足元に合わせることが出来るのです。

むしろ、コーディネートをドレスアップさせるアイテムとしてなら、スニーカーより頼もしいぐらいです。

引用元:masakajpn.com
カジュアルスタイルに合わせることで、ドレスとカジュアルのバランスが取れたお洒落コーデが完成する「カジュアル革靴」。

勿論、全ての革靴が、カジュアルスタイルと相性◎なワケではありません。

そういうことで、今回の記事では、カジュアルスタイルを引き締めてくれる革靴(以下、カジュアル革靴)にフォーカスしまして、カジュアル革靴の選び方やオススメモデルを紹介していこうと思います。

「カジュアルコーデに合う革靴が欲しい」
「仕事用革靴と休日用革靴の違いは何?」
「私服もキチッとしたいけど、仕事靴だと堅苦しくて・・・」

そんな悩みや疑問をお持ちの方のお手伝いができれば幸いです。

引用元:rakuten.co.jp(WOODY COMPANY)
キレイ目コーディネートの足元に合わせて、大人のカジュアル感をキープしたいときにも、カジュアル革靴はピッタリの選択肢。
ポイントは、ガチガチの仕事靴を選ばないこと。詳しくは、この先で語らせて頂きます。
目次 – 項目をクリック/タッチすると、該当コンテンツへとびます –

  1. まずカジュアル革靴ではない代表、黒の内羽根ストレートチップを要チェック
  2. カジュアル革靴の選び方
  3. おすすめのカジュアル革靴15選
  4. あとがき

カジュアル革靴ではない代表格、黒の内羽根ストレートチップ(黒)

まず初めに、カジュアル革靴として 選んではいけない 革靴の代表「黒色の内羽根ストレートチップ」を紹介します。

つま先に1本線の装飾がある内羽根ストレートチップは、ビジネスシーンは勿論のこと、冠婚葬祭といったフォーマルな席でも着用可能な一足です。社会人の必需品といっても過言ではありませんね。

そして、この内羽根ストレートチップは、カジュアルシーンでの着用に基本的に向いていません

別にカジュアルシーンで履いても大丈夫と言えば大丈夫なのですが、
「ちゃんとしている感」
「仕事向きのフォーマルさ」
が強すぎて、足元だけ浮いてしまうアンバランスなコーディネートになってしまうのです。

カジュアル革靴の選び方

ここからは、内羽根ストレートチップ(黒)というフォーマル靴を踏まえた上で、カジュアル革靴の選び方を解説していきます。

カジュアル革靴を選ぶときのポイントは大きく分けて2つ。

  1. 「外羽根」の靴を選ぶこと
  2. カジュアル向きの「つま先のデザイン(形、装飾)」を選ぶこと

です。1つずつ解説していきますね。

1. 外羽根の革靴を選ぼう

まず初めに、カジュアル革靴を選ぶときは「外羽根」の革靴を選ぶようにしましょう

外羽根とは、靴ひもを通す穴があるパーツ(羽根)の一種。1815年に起きたワーテルローの戦いで採用された「軍靴のデザイン」に起源があるとされています。

つまりミリタリー系の血筋である外羽根は、カジュアルシーンと相性がいいディティールなのです。

ちなみに内羽根は、英国王室の宮廷革靴に長く採用されてきた歴史があるため、内羽根=フォーマルという扱いをされています。

2. カジュアル向きの、つま先のデザインを選ぼう

カジュアル革靴を選ぶときの2つめのポイント。それは、つま先のデザインです。

つま先のデザインを構成する要素はざっくり2つ「形」と「装飾」です。

2-1. 形は、丸みを帯びたシルエットのものを

基本的に革靴は、つま先の形(シルエット)が、ぽてっと丸みを帯びている方がカジュアルな印象になります。

引用元:masakajpn.com
この写真(↑)と次の写真(↓)を見比べてもらうと分かりやすいのですが、つま先の形(シルエット)は、結構革靴の印象を左右します。

この後のコンテンツで「装飾」についても解説しますが、装飾よりも形(シルエット)の方が、よりカジュアルさを強く左右するため、優先度高めでチェックするようにしましょう。

引用元:shoe-collection.jp
上のコンテンツで「外羽根=カジュアル」と解説しましたが、昨今はビジネススタイルのカジュアル化によって、この写真(↑)のようにつま先が細いデザインなら、外羽根の革靴でも冠婚葬祭で着用できるようになってきました。

2-2. 装飾は、「プレーントゥ」や「ウィングチップ」「Uチップ」がオススメ

基本的に革靴は、つま先の装飾が多いほどカジュアルな印象になります。

特に「ウィングチップ」と「Uチップ」は、どちらもカジュアルシューズに採用される装飾なので、選ぶだけでカジュアルレベルがグッと上昇します。

【革靴のつま先のデザインと特徴】「①プレーントゥ」革靴の中で最もシンプルなデザイン。仕事靴にも定番として採用されるので、カジュアル革靴で選ぶときは、つま先が細長いシルエットを選びたい。「②Uチップ」つま先に「U文字」の装飾があるデザイン。狩猟やゴルフで愛用されたカントリーシューズを起源に持つ、カジュアル革靴の定番。ローファーもこのデザインが多い。「③ウィングチップ」つま先の「W文字」が鳥の羽根のように見える華やかなデザイン。カジュアル革靴の定番で、ブラウン系の色を選ぶと一気にカントリー感が強まってオシャレ。「④ストレートチップ」つま先に「1本線」が入っているフォーマル靴の定番デザイン。外羽根やつま先が丸いのであれば、このデザインでもカジュアル革靴として問題なく履ける。要はバランス。

「外羽根」「つま先の丸み」の両方でカジュアル靴らしさを担保していれば、「プレーントゥ」や「ストレートチップ」を選んでも堅苦しくなることはないため、つま先の装飾に関しては、割と選び皆さんの好みに従っていい部分でもあるのです。

+α.色・と素材の選択肢は多い

ブラック以外の色(ライトブラウンやボルドー etc.)を選んだり、シワ感のある革素材を選んだりと、色や素材の選び方でもカジュアル感を高めることができます

引用元:clarks.co.jp
スエード素材自体がカジュアルなのですが、このモデルに関しては、ソール(靴底)とステッチ(縫い糸)に「スエードと違う色」を選ぶことで、更にカジュアルレベルを上げています。

ただ、ここまでに解説した「外羽根」「つま先のデザイン」と比べると、そこまで気を付けるべきポイントでもありません

ブラックで、光沢のあるカジュアルシューズも山ほどあるからです。

色と素材に関しては、仕事靴よりも好きに・自由に選べるという点がポイントだと言えますね。

おすすめのカジュアル革靴15選

カジュアル革靴の選び方をおさえたところで、ここからは「おすすめのカジュアル革靴」を紹介していきます。

実際に購入するときの参考にしてみて下さいね。

※掲載している参考価格や各通販サイトでの販売価格は、2021年4月19日時点のものです。予めご了承くださいませ。

≪記事で紹介しているカジュアル革靴一覧(はみ出ている分は左右スクロールできます)≫
 よりドレッシーなプレーントゥタイプ 
 定番のカジュアルデザインUチップタイプ 
 華やかなウィングチップタイプ 
– 価格 –
19,580円
– 価格 –
38,500円
– 価格 –
138,600円
– 価格 –
32,900円
– 価格 –
23,100円
– 価格 –
71,500円
– 価格 –
21,780円
– 価格 –
21,450円
– 価格 –
53,900円
– 価格 –
35,200円
– 価格 –
137,500円
– 価格 –
29,700円
– 価格 –
33,000円
– 価格 –
84,700円
– 価格 –
33,000円
▼詳細を見る▼
▼詳細を見る▼
▼詳細を見る▼
▼詳細を見る▼
▼詳細を見る▼
▼詳細を見る▼
▼詳細を見る▼
▼詳細を見る▼
▼詳細を見る▼
▼詳細を見る▼
▼詳細を見る▼
▼詳細を見る▼
▼詳細を見る▼
▼詳細を見る▼
▼詳細を見る▼

マネブ(MANEBU)|スケートボード文化のテイストを加えた上品&軽快な一足

MANEBU ヒヒン
おすすめカジュアル革靴の参考価格:19,580円(税込み)
引用元:masakajpn.com

引用元:masakajpn.com

全体的に丸みを帯びていることに加えて、「高さというボリューム」も低く設計されたカジュアル革靴です。
凄い軽快な印象に仕上がっています。

靴底も、スタンスミスなどのテニススニーカーと同じフラットなソールを採用。どちらかというと、革靴よりも上品なレザースニーカーと言った方が適切かもしれませんね。

ブランド名 マネブ(MANEBU)
MANEBU ヒヒン』は、こちらの通販サイトで購入できます。

amazonで
購入する
19,580円

公式通販で
購入する
19,580円

楽天市場で
購入する
19,580円

レッドウィング(RED WING)|1954年から愛され続ける通称:郵便局員の靴

RED WING ポストマン・オックスフォード
おすすめカジュアル革靴の参考価格:38,500円(税込み)
引用元:amazon.co.jp

引用元:amazon.co.jp

1954年に発売されて以降、全米の郵便配達員が履くようになったことで「ポストマン・シューズ」と呼ばれるようになったカジュアル革靴です。

郵便局員の歩行をサポートする「機能」と、公務員が着用する物に求められる「フォーマル感」のバランスが絶妙です。一般的な革靴よりも分厚いソールはラバー製で、足への負担をしっかり軽減してくれますよ。

ブランド名 レッドウィング(RED WING)
RED WING ポストマン・オックスフォード』は、こちらの通販サイトで購入できます。

amazonで
購入する
38,500円

公式通販で
購入する
38,500円

楽天市場で
購入する
38,500円

オールデン(ALDEN)|革のダイヤモンド・コードバン採用モデル

ALDEN コードバン・プレーントゥ 990
おすすめカジュアル革靴の参考価格:138,600円(税込み)
引用元:lakotahouse.com

引用元:lakotahouse.com

“革のダイヤモンド”と称される超希少素材・コードバンを使用した、オールデンのカジュアル革靴です。

写真の比較でも伝わる通り、とにかく革の艶感が段違い。ビジネスシーンからカジュアルシーンまで様々なコーディネートの足元を上品にまとめ上げてくれます。

ブランド名 オールデン(ALDEN)
ALDEN コードバン・プレーントゥ 990』は、こちらの通販サイトで購入できます。

amazonで
購入する
142,884円

公式通販で
購入する
138,600円

楽天市場で
購入する
138,600円

リーガルウォーカー(Regal Walker)|ぽてっとした愛らしい丸顔と快適歩行を両立

Regal Walker プレーントゥ・ゴアテックス・フットウェア
おすすめカジュアル革靴の参考価格:32,900円(税込み)
引用元:regal.co.jp

引用元:regal.co.jp

日本革靴の王道リーガルの系列ブランド「リーガルウォーカー」のカジュアル革靴です。

シンプルなプレーントゥタイプですが、とにかく丸っこく、カジュアルなコーディネートを程よいリラックス感でまとめ上げてくれます。

コバ(ソールの左右に出っ張っている部分)のステッチを薄めにしてアクセントにするなど、デザインもイイ具合にカジュアルです。

ブランド名 リーガルウォーカー(Regal Walker)
Regal Walker プレーントゥ・ゴアテックス・フットウェア』は、こちらの通販サイトで購入できます。

amazonで
購入する
29,000円

公式通販で
購入する
32,900円

楽天市場で
購入する
29,000円

クラークス(Clarks)|伝統技法×機能素材でお洒落な歩行ライフを

Clarks デザートロンドン2・コニャックスエード
おすすめカジュアル革靴の参考価格:23,100円(税込み)
引用元:clarks.co.jp

引用元:clarks.co.jp

イギリスの代表的タンナーが生産するスエードレザーを使用したカジュアル革靴です。
伝統的なステッチダウン製法でアッパー(足の甲を包む部分)とソールを縫い合わせることで、歩いた時の反りの柔らかさが向上しています。

ソールにはリサイクルラバーを採用しているので、歩行だけでなく環境にも優しいというポイントも。
インナーの構造にもこだわることで、歩行時の足あたりが優しくなっています。

ブランド名 クラークス(Clarks)
Clarks デザートロンドン2・コニャックスエード』は、こちらの通販サイトで購入できます。

楽天市場で
購入する
23,100円

公式通販で
購入する
23,100円

パラブーツ(Paraboot)|フランス国民に愛されるブランドの代表作

Paraboot シャンボード
おすすめカジュアル革靴の参考価格:71,500円(税込み)
引用元:rakuten.co.jp(LOWTEX)

引用元:rakuten.co.jp(LOWTEX)

「大人になったらパラブーツを履け」とフランスの家族では父親から教えてもらうなんて話があるほど、フランス国民に愛されているブランド『パラブーツ』のカジュアル革靴です。

ソールの分厚さやUチップの盛りあがりから分かるように、かなりカジュアルな一足です。
ジャケパンスタイルなど、キレイ目なコーデをあと少し崩したいときに、ピッタリな選択肢ですね。

ブランド名 パラブーツ(Paraboot)
Paraboot シャンボード』は、こちらの通販サイトで購入できます。

amazonで
購入する
58,170円

公式通販で
購入する
71,500円

楽天市場で
購入する
48,000円

ボンステップ(Bon Step)|創業明治5年ファクトリーが、令和男児のために

Bon Step コンフォート・ローファー
おすすめカジュアル革靴の参考価格:21,780円(税込み)
引用元:shoe-collection.jp(大塚製靴)

引用元:shoe-collection.jp(大塚製靴)

明治5年から日本人の足を支えてきた日本最古の紳士靴メーカー「大塚製靴」のカジュアル革靴です。

着脱が楽なスリッポンタイプに、日本人の足を立体的にホールドする立体設計や雨を弾く撥水性レザー、滑りにくいソールを採用した、最高級の歩き心地が特徴です。

いわゆるローファーなので、ビジカジスタイルにも採用しやすいのが嬉しいですよね。

ブランド名 ボンステップ(Bon Step)
Bon Step コンフォート・ローファー』は、こちらの通販サイトで購入できます。

公式通販で
購入する
21,780円

クレマン(KLEMAN)|フランスの人気ワークシューズブランドの定番

KLEMAN フローダ Uチップシューズ
おすすめカジュアル革靴の参考価格:21,450円(税込み)
引用元:amazon.co.jp

引用元:rakuten.co.jp(WOODY COMPANY)

ミリタリースペックに沿ったワーキングシューズでお馴染み、フランスの『クレマン』が仕立てるカジュアル革靴です。

カジュアルの定番装飾であるUチップを、上品な美光沢のあるレザーで形作ることで、休日コーデは餅音、ビジネスカジュアルのコーディネートにもマッチする、絶妙なカジュアル具合を演出してくれます。

ブランド名 クレマン(KLEMAN)
KLEMAN フローダ Uチップシューズ』は、こちらの通販サイトで購入できます。

amazonで
購入する
21,450円

楽天市場で
購入する
21,450円

ドゥカルス(DOUCAL’S)|イタリアの遊び心満載の変わった一足

DOUCAL’S シュリンクレザー×ラバー・ダービーシューズ
おすすめカジュアル革靴の参考価格:53,900円(税込み)
引用元:bekku-homme.com

引用元:bekku-homme.com/

上質なシボ感レザー×ラバー製つま先の組み合わせが独特な雰囲気に仕上がった、カジュアル革靴です。一応U字に見えないこともないので、Uチップとして紹介しますね。

横顔がNIKEのランニングシューズを彷彿とさせる形をしており、実際、軽量ラバーソールを使用しているので、スニーカーのような履き心地に仕上がっています。

ラバーパーツがカジュアルなので、キレイ目スタイルのドレスダウンにピッタリかもしれませんね。

ブランド名 ドゥカルス(DOUCAL’S)
DOUCAL’S シュリンクレザー×ラバー・ダービーシューズ』は、こちらの通販サイトで購入できます。

楽天市場で
購入する
53,900円

公式通販で
購入する
53,900円

ジャランスリウアヤ(Jalan Sriwijaya)|手縫い靴を3~4万円で購入できる奇跡のブランドのローファー

Jalan Sriwijaya コインローファー 98589
おすすめカジュアル革靴の参考価格:35,200円(税込み)
引用元:jalansriwijaya.com

引用元:jalansriwijaya.com

本格手縫い靴を3~4万円代で購入できる奇跡のブランド『ジャランスリウァヤ』のカジュアル革靴です。

フレンチのテイストが加えられたローファーで、一年を通して、様々なコーディネートをさせてくれる王道のデザインに仕上がっています。

足馴染みの良さ、ソール交換可能による使用年数の長さなど、手縫い靴の良さがこれでもかと活かされていますね。

ブランド名 ジャランスリウアヤ(Jalan Sriwijaya)
Jalan Sriwijaya コインローファー 98589』は、こちらの通販サイトで購入できます。

amazonで
購入する
35,200円

公式通販で
購入する
35,200円

楽天市場で
購入する
35,200円

チャーチ(CHURCH’S)|1873創業の老舗ファクトリーのカジュアル革靴

CHURCH’S グラフトン
おすすめカジュアル革靴の参考価格:137,500円(税込み)
引用元:british-made.jp

引用元:british-made.jp

1873年に創業した老ファクトリー『チャーチ』のカジュアル革靴です。
チャーチの歴史の中でも人気を集めた「つま先のシルエット」を現代風にアレンジしたもので、ポリッシュバインダーカーフレザーの高級感も会いまって非常に高い満足感に仕上がっています

お値段も“なかなか”の物ですが、気合を入れた一足をお探しの時は、是非チェックしてみて下さいね。

ブランド名 チャーチ(CHURCH’S)
CHURCH’S グラフトン』は、こちらの通販サイトで購入できます。

amazonで
購入する
103,400円

公式通販で
購入する
137,500円

楽天市場で
購入する
87,890円

バーウィック(Berwick)|! スペインの高コスパブランドは革靴初心者にもオススメ

Berwick ロングウィングチップ 5278
おすすめカジュアル革靴の参考価格:29,700円(税込み)
引用元:berwickjapan.net

引用元:berwickjapan.net

革靴初心者にもオススメなスペインの革靴ブランド『バーウィック』のカジュアル革靴です。
最新機材の導入や素材の大量調達など、合理的な生産体制によるリーズナブルな価格設定が最大の魅力です。

透明感と艶のあるコーティングレザーと、軽量&高耐久なビブラムソールを合わせることで、ドレス感と履き心地を高い次元で融合させた一足に仕上がっていますよ。

ブランド名 バーウィック(Berwick)
Berwick ロングウィングチップ 5278』は、こちらの通販サイトで購入できます。

楽天市場で
購入する
29,700円

公式通販で
購入する
29,700円

ドクターマーチン(Dr.Martens)|当時のモデルを再現した渾身のヴィンテージモデル

Dr. Martensブローグシューズ 3989
おすすめカジュアル革靴の参考価格:33,000円(税込み)
引用元:amazon.co.jp

引用元:amazon.co.jp

発売当時のデザインを忠実に再現した、ヴィンテージモデルの1足です。
製造場所も、当時と同じ“革靴の聖地”こと英国ノーサンプトン州での職人に任せるなど、こだわりの再現具合。

ステッチのイエロカラーや、分厚いソールなど、無骨なカジュアル感に仕上がっています。キレイ目のスラックスをドレスダウンさせるのも良し、タフでラフなジーンズと合わせるも良しです。

ブランド名 ドクターマーチン(Dr.Martens)
Dr. Martensブローグシューズ 3989』は、こちらの通販サイトで購入できます。

楽天市場で
購入する
33,000円

公式通販で
購入する
33,000円

トリッカーズ(Tricker’s)|職人1人で最初から最後まで作り上げる執念のカントリー靴

M5633 バートン(ダイナイトソール)
おすすめカジュアル革靴の参考価格:84,700円(税込み)
引用元:trickers-store.jp

引用元:trickers-store.jp

カントリーブーツと言えば『トリッカーズ』。そんなトリッカーズの代表的なカジュアル革靴です。

工程別に専門の職人がいるのではなく、1人の職人がすべての工程をこなして1足を担当する「ベンチメイド方式」を採用。
「魂が宿っている」とまで言われる高いクオリティが何よりの魅力。

カジュアル革靴も使いやすいのは「黒」なのですが、トリッカーズのバートンなら、ライトブラウン系の方が“らしさ”が出るため、非常に悩みどころです。

ブランド名 トリッカーズ(Tricker’s)
M5633 バートン(ダイナイトソール)』は、こちらの通販サイトで購入できます。

amazonで
購入する
44,500円

公式通販で
購入する
84,700円

楽天市場で
購入する
43,800円

ヒロシツボウチ(Hiroshi Tsubouchi)|カントリーシューズとスニーカーソールを融合した一足

Hiroshi Tsubouchi ウイングチップスニーカー
おすすめカジュアル革靴の参考価格:33,000円(税込み)
引用元:amazon.co.jp

引用元:amazon.co.jp

靴業界の最前線で活躍するシューズデザイナー・坪内浩氏が「デザイナーの履きたい靴」を追及するために立ち上げたブランド『ヒロシツボウチ』のカジュアル革靴です。

定番カントリーシューズデザインの1つ、ロングウィングチップとスニーカーの靴底を融合させた、非常にカジュアルな一足です。キレイ目のコーディネート(ビジカジスタイルやジャケパンスタイル)を、より肩の力を抜いた感じにしたい時は、是非このスニーカーをば。

ブランド名 ヒロシツボウチ(Hiroshi Tsubouchi)
Hiroshi Tsubouchi ウイングチップスニーカー』は、こちらの通販サイトで購入できます。

amazonで
購入する
26,600円

公式通販で
購入する
33,000円

楽天市場で
購入する
33,000円

あとがき

以上、カジュアル革靴の選び方からオススメモデルまでを紹介・解説しました。
参考になりましたでしょうか。

カジュアルスタイルの足元をビシッと上品に大人らしく、まとめてくれるカジュアル革靴。

是非、みなさんの理想に近い一足を見つけて、コーディネートをアップグレ―ドして下さいね。

『紳士のシャツ』編集部の玄木がお送りしました。
ではでは。